物理の現役時の最低偏差値は27、全体の平均偏差値も40でした。そんな私でも合格できる術を富士学院の先生方、教務の方々は知っています。信じてついて行ってください。

聖マリアンナ医科大学合格 M・Kさん

合格体験記 experiences

富士学院には2年間お世話になりました。それ以前の高校3年間は、大手の予備校で過ごしていました。しかし、学校の授業にすらついていけていなかったことから、基礎からの再構築が必要だと感じました。そして、各々の生徒の苦手を各教科の先生が十分に把握できる環境が整っている富士学院で浪人生活を過ごすことを決めました。1年目では結果が振るわず、2年目もお世話になることを決めました。2年目の開講前も先生方から学習アドバイスや課題を頂き、受験期と変わらずに学習し続けることができました。春の試験では特待をいただけたことで、少しの自信とプレッシャーを持ちつつスタートを切ることができました。2年目は1年目の反省を踏まえ、復習を大切にしました。授業中は考え続けるようにし、わからないところがあれば、授業終わりすぐに先生に質問に行き、疑問点を潰して行きました。休み時間にはその授業の見直しを行い、「要するに何をすればこの類の問題が解けるのか」を頭の中でまとめるようにしました。自習時間にはその日、前日、1週間前、1ヶ月前、3ヶ月前に行った内容の復習をし続けました。

富士学院に入学してからは、勉強すること、知ることが楽しい日々が続きました。富士学院の先生方が、「なぜそうなるのか」を懇切丁寧に教えてくださったからです。わからないことがあれば、すぐに先生に質問する。勉強の方針が立たなければ、先生方に相談し、教務の方に勉強計画表を見てもらう。勉強課題が足りなければ、先生方に出して頂く。そうやって周りの方々を頼り、指南して頂く日々の繰り返しでした。臆することなく人を頼れるアットホームな環境こそが、富士学院の魅力です。医学部を目指す方へ。医師になりたいという強い思いと努力があれば、必ず合格できます。私は、後に1番の得意科目となる物理でも、現役時の最低偏差値は27、全体の平均偏差値も40でした。そんな私でも合格できました。私がやったことはただ一つ。不要なプライドを捨て、先生方にできない自分を見せること。医学部に合格する術を富士学院の先生方、教務の方々は知っています。信じてついて行ってください。皆さんの未来が輝かしいものでありますように!頑張ってください!