富士学院は「本当に出来ません。ゼロの状態です。一から教えてください。」といった私でも理解できるように理科は本当に基礎の基礎から教えてくださいました。

近畿大学医学部医学科合格 J・Nさん

合格体験記 experiences

私は高校二年の途中くらいから理科の授業についていけなくなり、三年になる頃には完全に諦めモードに入り授業を真面目に受ける事すらしなくなりました。「今更頑張ってもなぁ…」と何に対してもやる気が出ない状況でした。予備校という存在すらあまり認識していないほど医学部受験を舐めていた私でしたが、浪人が確定して予備校探しをする中でやっと気持ちが変化し、富士学院で「一年だけ頑張ろう」と決めました。

富士学院を選んだ理由は少人数制で先生と生徒の距離が近いからです。質問することが嫌いでそれまではずっと集団の塾を選んでいましたが、今までと自分の環境を丸きり変えようと選びました。最初はやはり先生の目が一人一人に届く事に緊張しましたが、自分の中でそれもだんだんと質問しやすいというメリットへと変わっていきました。英語と数学がある程度出来る一方で理科が壊滅的な状態だった私は一年通して自習時間は理科を重点的に勉強し、授業時間で英語と数学を伸ばすというスタンスでした。「本当に出来ません。ゼロの状態です。一から教えてください。」といった私でも理解できるように理科は本当に基礎の基礎から教えてくださいました。毎週末に確認テストがあるので自分が今何を勉強すれば良いかも明確にわかり、点数を友達と競い合う事でモチベーションを保つことも出来ました。ずっと勉強をサボりがちだった私が日曜日も含めて毎日開館から閉館まで勉強し続けることができたのは、富士学院のアットホームな雰囲気と良い先生方のおかげです。本当にいい環境に恵まれたと思います。

世の中には浪人は時間の無駄だと言う人も居ますが、私は浪人して良かったと思えるほど一年で精神的に成長出来ました。大事なのは覚悟を決める事、そして逃げない事。支えて下さった先生方や家族に感謝したいです。本当にありがとうございました。