支えてくれた家族や、手厚く指導して下さった富士学院の皆さん、常に良い刺激をくれた仲間のおかげで諦めずに合格することができました。

川崎医科大学合格 S・Kさん

合格体験記 experiences

私が広島校に入塾を決めたのは、高校3年生の秋でした。同じころ医学部を目指される方の中で、自分の学力に不安がある方は少なからずいらっしゃると思います。私もその1人で、このまま医学部を受験しても望みはありませんでしたが、その私が現役で合格できたのは広島校の皆さんのおかげでした。

私は数学がとにかく解けなくて、受験科目の中で特に苦手意識がありましたが、富士学院の先生に問題の一つ一つを丁寧に進めていただき、解ける問題のパターンを増やしていきました。そして、順序立てて解いていけば手がかりを必ず見つけられるということを知りました。さらに、志望校の傾向を細かく予測して、適した問題を勧めていただき、本番でも2問は出題されました。長年受験問題と向き合ってらっしゃる先生だからこそできることだと思います。
 
化学では先生と問題を挟んでやり取りする中で、自分がなぜ解けないのか、何を理解していて何を理解していないのかを知ることができました。分からない問題があれば、答えに辿り着くまでに必要となる知識を分かりやすく解説していただき、いろいろと質問をしても的確に抜けている知識を教えて下さいました。授業後にそれらを思い出しながら何度も反復することで確実に定着させることができました。
 
生物では、映像や具体例を使って説明して下さったおかげで授業の定着度が上がりました。これは個人指導ならではと思いしたが、解説の途中でも質問しやすい雰囲気で、どんな質問にも耳を傾けて下さりました。疑問をすぐに解消することができたことで正しい知識を素早く吸収できたと思います。

英語では、終始質問しやすい雰囲気で、曖昧な質問にも的確に答えて下さいました。英語の経験豊富な先生に教わったことで、効率の良い勉強法を身に付けることができました。
 
国語では、医療に関する知識の豊富な先生に、小論文対策はもちろんのこと志望理由書の作成も手伝っていただきました。
 
また、教務の先生方には面接に向けてもしっかり指導していただきました。書いてきた面接ノートをもとに面接練習を何度も繰り返していただきました。当日を想定して面接官の質問に対してスムーズに言葉が出るようにするには暗記も当然必要になるので、骨が折れる作業でありました。でも、本番に近い形で時間をとっていただき、1人1人に丁寧に指導して下さったことは大きな自信と力になったと思います。私は総合型選抜の直前期から面接練習を始めて他の受験生よりも遅れている自覚があり焦っていました。本番では家の練習でできていたことが急にできなくなり、さらに焦って最後の方は声も震えてしまいました。しかし、その後も全力で先生方が励まして下さり、引き続き練習でその都度アドバイスをくださったおかげで1度目の失敗を生かして
2度目の一般入試では、しっかりと切り替えて自信をもって臨むことができました。

入塾した時は結果がどうあれとにかくここで全力を出し切ろうと思っていました。
でも、私以上に私を心配して支えてくれた家族や、うまくいかなくても見捨てず手厚く指導して下さった広島校の皆さん、そして常に良い刺激をくれた富士学院に通う仲間のおかげで諦めずに合格することができました。本当にありがとうございました。