苦手科目があっても戦略次第で医学部合格を勝ち取ることが出来ます。富士学院にはその環境が整っています。

帝京大学医学部医学科合格 Y・M君

合格体験記 experiences

富士学院で過ごした一年を振り返ると、自分の得意、不得意に逃げずにしっかりと目を向けて分析し、医学部受験というものに真摯に向き合った一年間だったと思います。同じ志を持つ仲間たちと出会い、同じ空間で一年間勉強に取り組むことで切磋琢磨していくことができた事も結果を得られた大きな要因であったと思います。
高校二年生の夏から個別指導という形で富士学院に通わせてもらっていましたが、現役の時はどの大学でも、一次合格すら勝ち取ることが出来ませんでした。浪人するにあたり、複数の予備校を検討しましたが、自分の特性を良く分かって頂いている富士学院を選択しました。
私は数学が致命的に苦手だったのでその克服が一番の課題でした。そして、得意な国語、生物で全体を底上げし、英語をさらにレベルアップさせることで合格点まで引っ張り上げるスタイルを徹底しました。その中で、国語、英語、生物の三科目で受験出来る帝京大学を「絶対に落とせない受験校」として定め、今年の防衛ラインとした戦略が功を奏したと思っています。
これから医学部を目指す方に一言お伝えします。数学が苦手な方も多いと思いますが、そのような方に伝えたいのは悲観する必要は全く無いということです。例え数学が苦手でも戦略次第で医学部合格を勝ち取ることが出来ます。確実に合格を掴み取ることが出来るように様々な手段を使って戦って下さい。次に一つでも良いので自分が医師になりたい明確な理由を持ってほしいです。「安定した収入が得られるから」、「社会的地位が高いから」でも良いと思います。何も理由や目標が無いのと比べ、モチベーションの高さがまるで違います。特にその差は辛い時やくじけそうな時の踏ん張りの差が如実に表れます。富士学院ではその環境が整っています。精一杯頑張れば結果はついてきます。頑張って下さい。