理系科目はほぼ初学の再受験生でしたが、第一志望である藤田医科大学に特待生で合格できました。

藤田医科大学合格 H・Hさん

合格体験記 experiences

私は私立大学の文系の学部を卒業した再受験生です。文系の大学生のとき、祖母を病気で亡くしたことと、自分の病気を医師に治してもらったことをきっかけに医療を志しました。

富士学院にやってきたのは、受験勉強を始めて2年目のことでした。1年目は、医師以外の医療従事者を目指して大手予備校に通いました。そこでの勉強で他学部に合格したものの、どうしても医師になりたいと思い富士学院を訪れました。

富士学院で本格的に医学部合格に向けて勉強を始めました。数Ⅲ、化学、生物はほぼ初学でしたが、先生達のわかりやすい授業や親身な指導によってなんとかその年の冬には医学部でも闘えるレベルになっていました。そして、一次合格を1つ手にすることができましたが、最終合格には至りませんでした。

富士学院にやってきて2年目は、学内の模試でも上位にいられる程成績が上がっていました。受験期の前には絶対に合格したいという自信を持てる程になっていました。しかし、いざ受験をはじめてみると、自分ではできているつもりだったのになにかうまくいかなかったようで、私立の前期の試験では一つも一次合格をもらえませんでした。センター利用で2つ一次が通過したものの、最終合格には届きませんでした。悔しくて、つらい思いをしていました。
しかし、つらくて弱音を吐いてしまいそうな時も富士学院の先生は親身に指導してくれたり、スタッフが「君なら大丈夫」と信じてくれているのを支えに、なんとか最後まで闘い抜きました。

その結果、私立の後期試験で久留米大学と藤田医科大学の2つの正規合格をいただくことができました。しかも、藤田医科大学は私の第一志望であり、特待生としての合格でした。そのとき、最後まで諦めなくてよかったと思いました。

富士学院は、私の全力に常に全力で応えてくれる場所でした。先生方、スタッフの方々には2年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。