富士学院には校舎を超えた全国での繋がりがあり、学院全体で生徒をサポートしてくださいます。これは他の予備校にはない特徴だと思います。

東京女子医科大学合格 T・Mさん

合格体験記 experiences

幼い頃から医師を志していた私が、この度医学部に現役合格することができたことを大変嬉しく思います。そして私を医学部現役合格に導いてくださった富士学院の皆様に改めて感謝申し上げます。
私は中学3年生の2月、十条校が開校して間もない頃に富士学院に入学しました。中学受験以来塾に通っていなかった私は急に焦りを感じ、母と一緒にインターネットで医学部受験に特化した塾を探し始め、家から近いというのが一番大きな決め手となり、入学しました。
私にとって富士学院は毎日勉強をしに行きたくなる場所でした。学校が終わってすぐ富士に行き、連日22時まで自習に励みました。部活で疲れている時でも、富士に行くと自然とやる気が出て勉強に励むことができました。
富士学院には、生徒のことを一番に考えて全力でサポートしてくださる先生方と教務の方々がいます。古典が嫌いで学校の定期テストで思うように点数が取れないと悩んでいた私と一緒に古典単語を覚えてくださったり、毎日英単語のテストをしてくださったりと学校の定期テストで点数を取るためにもたくさんサポートをしてくださいました。女子医大の対策が難しい思考力試験にもいろいろな対策を練ってご指導してくださいました。
富士学院には受験生にとって良いところがたくさんあります。空いている時間に先生方にいつでも質問ができる環境があるのもその一つです。また、富士学院には圧倒的な医学部入試への情報量があります。教務の方に相談すれば、どんなに些細なことでも優しく丁寧に詳しく答えてくださいます。埼玉県の奨学金のことも富士に通っていなければ知らなかったでしょう。また、医学部入試には欠かせない面接も富士学院でならバッチリです!私は入試までに個人面接は20回以上、グループ討論の練習は10回以上やっていただきました。この何回も行ってくださった練習のおかげで、本番当日は自信を持って答えることができました。私が納得いくまで何度も練習に付き合ってくださった教務の方々には本当に感謝しています。また十条校のみならず、御茶ノ水校の教務の方々にも面接練習をしていただきました。富士学院には校舎を超えた全国での繋がりがあり、学院全体で生徒をサポートしてくださいます。これは他の予備校にはない特徴だと思います。
入試は最後まで何が起こるかわかりません。最後まで諦めずに自分の夢へと突き進んでください。富士学院を信じ、医師になりたいと強く想い続ければいつか必ず道は開けます。
入試前、ある1人の教務の方がおっしゃってくれたのは、「不安になるのはわかるけど、今やれることをやるしかないよ、誰でも不安なんだから。」これはよく言われる言葉なのかも知れませんが、私はこの言葉に救われました。入試を迎えるにあたって、不安になることがあると思います。そんな時は是非富士学院の教務の方々に相談してみてください。
最後になりましたが、富士学院の皆様、3年間本当にありがとうございました。6年間しっかり学び、良医になるために精進してまいります。本当にありがとうございました。