支えてくれた友人や家族、教えてくださった先生方、いつも気にかけていただいた教務の方々に心から感謝しています。

久留米大学医学部医学科合格 H・I君

合格体験記 experiences

私は現役・一浪の時は医師を目指していたものの、心から目指していたわけではなく、数学科や薬学部も受験してきました。しかし、二浪目になり、医師になるという思いが固まり医学部専門予備校である富士学院に入校しました。
ずっと大人数で授業を受けてきたため、少人数には少し抵抗があり、最初のころは質問に答えられないことも多かったです。しかし段々となれ、周りの人ともなじめるようになってから授業にも集中でき、成績も上がりました。特に生物や化学は授業中に当てられることが多く、間違うたびにその知識を身に着けることが出来ました。英語は苦手だったのですが、春からA先生と共に頑張ってやってきて、一番点数を伸ばすことが出来ました。数学は得意だったので他教科とバランスをとって進めることができ、D先生のおかげで知らなかった知識を習得し、難問も解けるようになりました。

私は去年友人が行っていたことを参考に、夏までに自分の苦手な分野や何時間睡眠が必要かなど自分のことを知ることに時間を割きました。そのおかげもあり、夏までに分からないところもわかり、体調が悪くても把握できている分安心して回復に時間を使うことが出来ました。

最後に、支えてくれた友人や家族、教えてくださった先生方、いつも気にかけていただいた教務の方々に心から感謝しています。ありがとうございました。