富士学院での生活は自分の人生観、価値観に大きな影響を与えた、とても貴重な時間だったと思う。先生や学友とも出会えて良かった。楽しく過ごした一年だった。

埼玉医科大学合格 Y・Fさん

合格体験記 experiences

富士学院入学までは、学校から帰宅しても勉強をしない日が多かった。他の予備校には行っていたものの、自習室に行くこともなく帰り、パラパラと今日やったところをみるだけで、到底受験生とは思えないと自覚していた。そんな時、医学部受験のことを学校まで説明に訪れていた富士学院を知った。先生と生徒の距離が近いと聞いていたこともあり、この自分の状況をどうにか変えようと入学を決めた。
入学時に自分に甘い性分を克服して、医学部合格のための勉強に集中することを決意したが、今までこのままじゃダメだと思いつつも変われなかっとことに、不安もあった。しかし、みんなが自習室で一日中勉強している姿をみて、毎日「自分もやらなければ」と刺激をうけた。これほど勉強した一年は今までになかったと思う。
先生からは、曖昧な点を残していたり、少し複雑だったり、理由を理解しておくべきだったりする時などは、繰り返し説明するように求められた。これは一度曖昧なままにしてしまうと自分で振り返ることは難しく、再び曖昧にしてしまう癖がついてしまう、という悪循環を招かないようにする効果があった。
そして、最後まで先生方が応援してくださったのが、合格できた一番の要因だったと思う。
最後に、私は覚えなければならない知識などを避けてしまうことがあった。しかし基礎知識がしっかりと身についていなければ、思考を深く進めることは難しくなる。大学では、毎日のように多くの基礎知識と出会い、効率よく勉強することが必須となる。覚えるものから逃げることは全く役に立たず、入学してから試行錯誤するのではとても大変なので、受験期のうちに、逃げずに勉強する姿勢を身につけることが重要だ。いたって当たり前のことだが、本当に大切だと実感している。