ずっと側で支えてくれた家族も含め、全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

久留米大学医学部医学科合格 S・Tさん

合格体験記 experiences

私は高校一年から四年間、富士学院に通いました。現役の頃は、数学と英語の個別指導を取っていましたが、部活に没頭し、医学部に合格する程の学力をつけることはできませんでした。浪人生活を富士学院で過ごそうと思った一番の理由は、先生方や教務の方々の温かさです。現役の頃、部活が終わり夜の九時近くに着いても「こんばんは!部活お疲れ様!」と温かく迎えてくださり、高三の夏の引退まで、勉強にも部活にも力を入れられるようにスケジュールを立ててくださいました。
浪人が決まった時は、今まで合格していった先輩方が、ゼミ授業が始まるまでどのように過ごしていたのか、また合格の鍵となった浪人生活での様子をたくさんお話してくださいました。私はその話をもとに、現役生での受験を二月に終えた後もほぼ毎日通い、朝から晩まで勉強しました。また今年はコロナにより授業の開始が遅れ、一人で自主学習をする時間が多かったので、今がチャンスと思い、偏差値が40前後だった物理と化学をやりこむことで、六月の模試でどちらも偏差値65近くまで上げることができました。現役の頃からたくさんのお話を聞いたお陰で、自分に負けずに根気強く頑張れたのだと思います。
私は富士学院で過ごした四年間でたくさんの方と出会いました。校舎が変わってもずっと応援してくださり、何かある度に連絡をくださるKさん、高一の頃からずっと近くで支えて下さったSさん、現代の医療についてなどたくさんの情報を教えて下さったSさん、いつも笑顔で迎えてくれたSさん、Nさん、毎日楽しくて内容の濃い授業をして下さった先生方、毎日美味しいご飯を作ってくださった食堂の皆さん、そして辛い時も嬉しい時もずっと一緒にいたかけがえのない友達、ずっと側で支えてくれた家族も含め、全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。