未熟な自分が、周りの多くの年上の方々に支えてもらって、得られた合格だと感じます。

東邦大学医学部医学科合格 R・Oさん

合格体験記 experiences

高校3年間、大手予備校に通いながら受験勉強をしていました。模試の成績も一向に振るわず、そのまま医学部入試が始まり、どこからも一次合格をもらえず、浪人生活が決まりました。富士学院に入学することが決まり、今年1年間どのコースで勉強するのかを決定する際、自分は「頑張れば、まだ国立に受かる可能性もあるのでは?」と思うところがあり、併願コースを考えていました。ですが、親からは「確実に合格するために私立専願コースにしなさい」と断られました。それが、自分には国立に合格するだけの学力は身につかないと言われたようで、すごく悔しかったです。親を見返すためにも、1年で合格することはもちろん、成績を伸ばして途中からでも併願コースに行こうという思いで、最初は勉強を続けていました。今では、自分のキャパを考えると私立専願コースでよかったと思っています。富士学院での生活において、自分は人間関係に恵まれていたと思います。友人や教務の方々、先生方にも、質問や愚痴や相談やくだらない話を聞いてもらっていました。口下手な自分が面接でうまく話すことができたのは、先生方とお話をしてきていたからだと思います。また、教務の方や友人のおかげで受験勉強の下がってしまったモチベーションも回復することができました。未熟な自分が、周りの多くの年上の方々に支えてもらって、得られた合格だと感じます。また、自分は学科試験のない推薦入試だったので、小論文の授業と毎朝の新聞視写ノートをやり続けたことで、要約や文章を構成する力が備わり、筆記試験でも自分の満足できる結果が得られたのだと思います。勉強は積み重ねが大事で、そこが大変な部分だと思います。その積み重ねを楽しいと思うことができたのは、面倒を見てくださった方々のおかげです。ありがとうございました。