富士学院に入塾して、私は医学部受験が何たるかを知りました。

福岡大学医学部医学科合格 T・W君

合格体験記 experiences

私は現役の時、文系を受験しました。浪人を機に医学部へ志望を変え一年やり切るも結果は不合格。この時の私は苦手科目を克服することなく、得意かつ好きな科目で受験を乗り切ろうと考えていました。「次の一年で必ず決めなければ」、決意を固めて富士学院に入塾しました。

富士学院に入塾して、私は医学部受験が何たるかを知りました。合否は難問では決まらないということです。正答できなければならない問題を確実に合わせる、富士学院のカリキュラムはこの味が濃く表れていたと感じました。よく考えてみると基礎がままならない状態で実践に入っても効果が弱いというのは理解できると思います。私は授業で行った内容は何度も復習をし、今まで疎かにしていた英文法の学習、物理や化学の状況の理解を秋までに徹底して行いました。そのお陰もあっていざ過去問を解き出した頃には合格点は超えられるような状態にすることができました。

このような私からアドバイスできることはまず“苦手科目をなくせ”ということです。突出する科目がなくても科目バランスがとれている方が合格に近づきます。次に“質問をする”ということです。受験勉強における一分一秒は貴重です。理解できないと見切りをつけたら先生に質問してください。私自身、質問をすることにとても抵抗がありましたが、先生に聞くことでどこがどう分かっていないのかはっきりわかると思います。

最後に感謝を述べて終わりにします。教務の方には豆腐メンタルだった私をいつも鼓舞して頂き一年なんとか乗り越えられました。また食堂の方もいつも暖かい食事を頂けたことにより勉強の士気が高まりました。本当にありがとうございました。これ程までに学習面、健康面、精神面が整った環境は他にないと言えるほど良かったです。