自分から進んで勉強できるようになったのも、富士学院で手ほどきをもらいながら自分で考えながら勉強していたからです。

北里大学医学部医学科合格 T・K君

合格体験記 experiences

私は現役時代、学力がどこの医学部にも歯が立たないような状況でした。特に理科、英語、国語が非常に悪かったです。また、塾に行っていなかったため、学校に通っているだけの私の力では医学部の物理、化学の内容に太刀打ちできませんでした。それに加え、医学部に関して情報不足だったため、浪人することになったのです。
しかし、富士学院の先生方は非常にわかりやすく、授業を受けているだけで知識が整理されていき、理解が効率よく進みました。どの科目も理屈に疑問を持ったら、必ず質問し、根拠とともに理解することを心掛けました。復習するときには、授業の先生の説明をアウトプットし、医学部で問われるスピードに対応できるよう演習を積みました。また、食堂でご飯を食べる時間に友達と授業で出てきた英単語を復習していました。このようにして覚えたものは1年経った今でも覚えており、非常に良い勉強法です。
そして、自分の実力を常に分析することも非常に大切です。私は夏期に演習量をこなし、問題に解き慣れる必要があったため、夏は自分の演習に費やしました。自己分析のおかげで「自分はこの授業をどういう目的で受けるのか」ということを考えることができ、周りの人がたくさん授業をとる中で流されず、自分に必要な対策をすることができました。
ときに現実逃避してしまう自分の弱さが出てしまったことは正直ありますが、そんなときは自分の決意や周りの人の支えを思い出して頑張ってください。私は国立に行きたかったのですが、センターで失敗し、うまく心を切り替え、北里になんとか滑り込みました。「受けたあとは知らぬ!どうにでもなれ!」と思い、次の大学に挑むと気持ちが切り替えられます。
受験生!特に体調管理には気をつけて!私は金医の二次試験では風邪をひき、しんどい思いをしました。食堂に行く前には消毒するようにしており、1年あまり風邪をひかなかったのですが、受験の日に体調不良になってしまったので、みなさんはならないように気を付けてください。
今は毎日のように医学に触れ、医学の勉強は苦に感じません。自分から進んで勉強できるようになったのも富士学院で手ほどきをもらいながら自分で考えながら勉強していたからです。また、受験で培った知識は大学でも必要です。今頑張れば、医学部の勉強が楽になると思って勉強頑張ってください。