ゼミのクラスは少人数なため、それぞれが刺激を与え合いながら高め合える環境であることも富士学院の良さであると感じました。

川崎医科大学合格 K・H君

合格体験記 experiences

私は高校時代から医学部を受験することは決めていたものの、医師を目指す理由や意志が曖昧で勉強もろくにせず過ごしました。テストでは赤点をとるほどで、医学部志望と言えば周りからは冗談だと思われ笑われるような成績でした。そして当然のように現役の受験は失敗し、さらには一浪目までもそんな自分から脱却できずに時を過ごしてしまい、不合格となりました。二浪目に入る時、こうはしていられないと思い、何故医師を目指すのかを見つめ直し、絶対にこの一年で合格することを覚悟に決めて臨みました。また、その為の一大決心として物理から生物に転向することにしました。これが合格できた大きな要因になったと思います。ゼミを受けていく中で、元の実力が皆無だっただけに知識を習得することに精一杯で中々模試等で結果が出せず、心が折れそうになったことが何度もありましたが、先生方や教務の方々が相談に乗って下さり、常に勉強の方針をアドバイスして頂いたおかげでモチベーションを取り戻し乗り越えることが出来ました。そして先生方には頼りっぱなしでしたが信じてやってきた結果、苦手だった数学、ゼロからスタートした生物も受験期には戦える実力をつけることが出来ました。このように先生方や教務の方々と生徒の距離が近く、いつでも相談や質問に乗ってもらえる所が富士学院の良さだと思っています。また、ゼミのクラスは少人数なためそれぞれが刺激を与え合いながら高め合える環境であることも富士学院の良さであると感じました。最後に、私がこれからの生徒に伝えられることがあるとすれば、努力は裏切らないということです。綺麗ごとではありません。多浪であろうが再受験であろうが私と同じように底辺からのスタートであろうが、先生方を信じ努力をし続けた人が合格します。合格の一年前にどん底にいた私が言うのだから間違いありません。