今を大事に。私の母校の校訓です。富士学院はまさにこの言葉を体現しています。

東北医科薬科大学医学部医学科合格 T・S君

合格体験記 experiences

今を大事に。私の母校の校訓です。富士学院はまさにこの言葉を体現しています。今から少しの間お付きあいください。
私は高校卒業後、様々な不運が重なり、昨年の五月、医学部受験を決意しこの富士学院の門を叩きました。数年間のブランクがあり、私自身不安な気持ちでいっぱいでした。しかし担任の先生をはじめとするすべての先生にとても熱心に指導して頂きました。質問にも丁寧に対応してもらいました。この先生方のおかげで、私は一年足らずで無事に受験勉強を終えることができました。
私から、これから医学部受験を考えておられる方、今現在医学部を目指されている方に合格する方法をお教えします。まず今のあなたの実力を知って下さい。決して過大評価、過小評価せず、正しく知って下さい。もし、仮に今実力がなくても、なにも落ち込むことはありません。これからどうとでもなります。次に必ず先生方とよく話し、先生方を好きになって下さい。私は先生方が大好きでした。あなたもきっと目の前にいる先生を好きになっているでしょう。そして最後に、「今を大事に」過ごして下さい。あなたに残された時間は有限です。そして他の人と同じ時間です。今、あなたが携帯を見ているその瞬間、あなたのライバルは勉強しています。あなたが授業中、うとうとしている間、隣にいる友達は必死に理解しようとしています。医学部受験では、大半の人は落ちます。何年かかっても落ちる人は落ちます。それが現実です。もし、合格したいのであれば、やるしかありません。どんなに口で偉そうな事を言おうが、年上だろうが、受かったものが勝者です。ほんの一握りの勝者になるのは大変です。しかし、あなたが勝者になりたいと本気で思った時、富士学院はあなたの背中を力強く押してくれるでしょう。気付いた時、あなたは間違いなく勝者となっているでしょう。その日を夢見て、「今を大事に」過ごして下さい。