チーム会議や三者面談で、的確なアドバイスをしていただいたことで、気持ちを入れかえて最後まで頑張ることができたと思います。

帝京大学医学部医学科合格 S・Uさん

合格体験記 experiences

合格発表を見たとき、諦めなくて本当によかったなと思いました。振り返ってみると、自分の持っている力を発揮できないことが多くつらかった日々がたくさんありました。また、気持ちの部分でも身が入らない時もあり、不安でした。こんな私でも合格できたのは、医師になりたいという気持ちを持ち続けてこつこつとやることができたからだと思っています。また、最初はネガティブ思考だったけれど、少しずつポジティブに考えてみることで自信を持つことができました。
富士学院は、本当にアットホームな雰囲気でどんなことでも質問できたり相談できたりしてとても心強かったです。どんな時も気にかけてくださり、つらいなと思っていたことも乗り越えられたと思っています。また、自分がつらいと感じているとき、周りで頑張っている仲間の姿を見たり話したりしたことで力をもらっていました。チーム会議や三者面談で、的確なアドバイスをしていただいたことで、気持ちを入れかえて最後まで頑張ることができたと思います。
入試は何が起こるか分かりません。しかし、最後まで諦めずに努力し続けること、医師になりたいという気持ちを強く持ち続けることは合格するために絶対必要だと思います。また、入試は一人で受けるけど、自分の周りにはたくさんの人が応援してくれていることを忘れないで頑張ってください。絶対心の支えになります。
合格するまでに長い時間がかかりましたが、一次合格を2つもらい、正規合格をもらうことができて本当に嬉しかったです。今までに学んできたことや体験してきたことは、これからの生活にも活かしていきたいです。やっと、医師になるためのスタートラインに立つことができました。理想の医師像を目指して大学でも頑張ります。
最後になりましたが、私をここまで成長させてくれた先生方、たくさんサポートしてくれた教務の皆さん、本当にありがとうございました。お世話になりました。そして、私の意見を尊重し最後まで応援してくれた私の家族には本当に感謝しています。感謝の気持ちを忘れず、新たな一歩を踏み出していきたいと思います!医学部を目指す皆さん、最後まで諦めず頑張ってください。