医学部合格を目指して共に頑張る友人の姿を目にすることで、最後まで頑張れました。

北里大学医学部医学科合格 Y・Y君

合格体験記 experiences

私が富士学院に入学したきっかけは、富士学院の広告を見つけた父親の勧めでした。学力があまりにも足りていないにもかかわらず、今まで国立医学部のみを目指していたこともあり、私立医学部について全く知らないためそのことを詳しく知っていることと、実家からあまり遠くないという理由で富士学院小倉校を選びました。
入学した時は全ての学力が中途半端で、特に物理や数学は苦手意識が強かったように思います。富士学院に入学してからは、各科目の先生方のアドバイスや指導を受け入れ、それに沿って勉強していました。わからない点や疑問点が出てくるたびに質問して解決するように努めていました。特に、苦手科目の物理や数学は基礎・基本を十分に理解することを意識しました。そして、基本標準問題の取りこぼしをどうすれば防ぐことが出来るかを考えながら日々勉強していました。再現性が限りなく高ければ、ミスやとりこぼしは防げるので、日々の勉強の中で再現性を高めることを心がけていました。今年1年間はしっかり計画を立てて、それに沿って年間を通して十分に勉強できたと思います。毎週細かい修正を加えながら計画を立てることで、バランスよく勉強できました。また、点数にこだわった勉強をしました。模試の度に昨年度合格した人の点数を意識し、設定した目標点を超えるように努力しました。目標点を超えても超えなくても、反省してそれを以降の勉強に生かすようにしました。周りにいる医学部合格を目指して共に頑張る友人の姿を目にすることで、最後まで頑張れました。富士学院に来たからこそ合格できたと心の底から思います。自身の受験を振り返って重要だと思うことは、コツコツと勉強を続けることです。人によって学力が伸びるタイミングが異なりますが、医師になりたいという気持ちを持って勉強を続ければ必ず合格できると思います。頑張ってください。