授業は集中を途切らせない工夫が数々あり、先生とのコミュニケーションが取りやすく、100分授業でも何の苦もなく集中できました。

川崎医科大学合格 T・H君

合格体験記 experiences

富士学院岡山校でお世話になったのは、高校3年生の秋からでした。その頃、私には得意と言える教科も無く、方向性を見失いそうになっていました。浪人が決まってからは、とにかく自信の持てる教科を作ろうと、目標を決めて勉強に取り組みました。化学に結果が出始めてからは、おのずと自信に結びつくようになりました。他の教科にも時間が割けるようになり、少しずつ受験に必要な力をつけていくことが出来るきっかけとなっていきました。

特に英語が苦手であったため、担当の先生は授業以外でも毎日時間を割いて下さり、私はアドバイスを頂きながら勉強を進めていきました。単語の暗記は不得意で時間がかかっていたため、先生と試行錯誤しながら暗記方法を模索し工夫を重ねていきました。そのお陰で、記述模試で3割程しかとれていなかった私が、6割を超えるまでに力をつけることが出来たのです。

また、授業では生徒の集中を途切らせない工夫が数々見受けられました。授業内容における余談や雑談等を散りばめながら進めて下さったお陰で、先生とのコミュニケーションが取りやすく、100分の授業も何の苦も無く集中して取り組むことができました。
学院長や先生方、スタッフの皆さまが一丸となり、生徒一人一人に目を向けて、時には厳しく温かく見守りご指導頂いたお陰で、医学部合格を手に掴むことが出来ました。富士学院岡山校ならではのアットホームな雰囲気が、私には心地よく感じられました。先生、スタッフの皆さま、一緒に同じ目標に向かって頑張ってきた先輩や友人、全ての皆さまに心より感謝しています。