富士学院で出会った友人が支えとなりました

長崎大学医学部医学科合格 K・Y君

合格体験記 experiences

私は今年念願の国立大学医学部に合格することができました。
高校卒業後、大手予備校、完全個別指導塾等で合格を目指すも、結果が出ず何度も諦めかけました。そんな中、2年前に東京に新しく医学部受験専門の富士学院ができるということを知り、最後のチャンスと思い入学を決意しました。
富士学院での一年目は初めて経験する医学部専門予備校ということもあり、何もかもが新鮮でした。先生との距離の近さ、面接指導等の手厚さ、個々の状況分析をもとに受験校を絞り込むアドバイスを受けることができる等、充実した浪人生活ができ、「今年は行ける」という自信も生まれてきていました。しかし、残念ながら合格には手が届きませんでした。
一方で、富士学院で出会った親友と呼べる同じく多浪の友人が国立大に見事合格しました。親友の国立大学合格に心から拍手を送りたいという気持ちと同時に「自分も頑張れば行ける」という気持ちが生まれ、半ば折れかけていた気持ちを立て直し、もう一年富士学院で頑張る決意をしました。
富士学院での2年目は、例年であれば陥ることの多かった秋口のスランプもなく、自分でも不思議なくらい心が安定した一年となりました。これは信頼でき、慣れ親しんだ講師の先生方、教務スタッフのおかげによるところが大きいのですが、私にとっては親友が国立大に合格したということが何よりも大きな希望の光であり、支えだったと思っています。
厳しい指導で一切の私語も許されない予備校もありますが、富士学院は家族的で生徒の自主性を暖かく育んでくれます。私の心の支えとなる友人に出会えた富士学院に、そして、その関係を温かく見守ってくれ、様々なサポートをしていただいた富士学院に心から感謝しています。
念願の国公立医学部合格まではかなり回り道をしましたが、その分一日も早く社会貢献できる様、充実した医学生生活をしていきたいと思っています。どうもありがとうございました。