一浪目で失敗した時点の私に欠けていたものが富士学院で補われました。もしそれが無ければ結果は違っていたかも知れません。

大阪大学医学部医学科合格 A・T君

合格体験記 experiences

二浪致しました。富士学院へ通ったのは二浪目であります。一浪目は大手の予備校へ通っておりました。受験準備の開始が遅く、現役当時は話にならない学力であった私は、その大手予備校で一年間脇目も振らず勉強し続け、大いに学力を伸ばす事ができたものの、二次試験前夜に心身の状態の調整に失敗し、当日では培った力を全く揮わせられずに、哀しくも再び不合格を喰らったのであります。二浪が確定した頃は、私自身は再びその予備校に通う、または自宅浪人することを考えておりました。そこで母が富士学院のHPを見せ、次にここはどうかと提案したのであります。
既にその大手予備校で必要な事は教わり与えられていて、後は自分自身がそれをモノにするだけだと考えておりました当時の私は、改めて別の予備校に通うことが最善と思えず、更に医学部専門予備校というものを胡散臭く感じておりましたため、取り敢えずは国公立選抜コースの試験を受け認定をもらったものの、二浪目に富士学院に通うことにはあまり乗り気ではありませんでした。それを感じ取った親は私に「富士学院は小規模故にお前によく目を向けてくれる筈だ。それはあそこ(一浪目の大手)では無理だった。」と言い、ある程度納得した私は富士学院に行くことに決めました。
行ってみると、正しくその通りでありました。少人数制の授業や個別指導では、信頼できる先生方が「お前にはここが足りていない」ということを直接発見し指摘して下さります。それは自宅浪人や自習室引きこもりなどの一人よがりなやり方では全く気付けないようなことばかりでありました。また、共に努力する仲間達の姿がよりはっきりと見えたことも、自分を安心させずに成長させるための糧となりました。
一浪目で失敗した時点の私に欠けていたものが富士学院で補われました。もしそれが無ければ結果は違っていたかも知れないのです。