自分のやる気を高めつつ、医学部合格という目標を達成するための環境としては最適な場所でした。

横井良典 医師 JA愛知厚生連 海南病院

  • 出身大学名古屋市立大学
  • 出身高校東海高校

OBから見た富士学院 Q&A

1. 医師として頑張っている現状について教えてください。
国家試験に合格し医師として働き始めて約半年経ちました。日々自分の未熟さに直面し落ち込むこともありますが、少しずつ成長を感じられています。大学の6年間で学んだことが自分の診療に繋がっていることは日々実感しています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
自分のやる気を高めつつ、医学部合格という目標を達成するための環境としては最適な場所でした。自分の得意な部分はとことん伸ばし、苦手な部分は徹底的に鍛える。少人数制だからこそできる個々人に合わせた指導のおかげで、最後まで諦めることなく目標に向かって頑張ることが出来ました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
分からないことを分からないままにせず、自分が理解するまで突き詰めるという姿勢。というのも1度目の浪人で失敗した理由を考えたところ、前述の姿勢が足りなかったからではないかと富士学院に入って気づきました。医学部最後のビッグイベントである国家試験の勉強の際にもその姿勢を忘れずに勉強したとこで、合格できたと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
私自身最初富士学院という名前を聞いて入学するかどうか正直迷いました。大手の予備校と比べ知名度もそこまでなく、指導体制に対しても不安を感じたのを今でも覚えています。しかし、実際は大手予備校以上の手厚い指導体制があります。慣れるまでは大変かもしれませんが、やる気のある方々には1度騙されたと思って飛び込んでみるのもありだと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医師という仕事は想像以上に過酷な仕事です。しかしやりがいは非常にあります。医師と言っても様々な専門があり、自分の興味のあることを極めることもできます。医師の知識経験を生かして政治に関わっている人たちもいます。皆さんが医師になって一緒に働ける日を楽しみにしています