息子の受験に関わってくださった全ての方々に感謝いたします。

K・Y様(お母様) 埼玉医科大学一般選抜(後期)合格

  • 合格大学埼玉医科大学 

メッセージ message

息子は現役で国立大学の他学科を合格していました。しかし合格してから「本当にこのまま医師になりたいという夢を諦めてもいいのか」と自分と向き合い、医学部への再受験を決めました。高校三年間は本当に全く勉強をしておらず、成績も落ちるところまで落ちていました。医学部を目指したところでここから這い上がっていけるかどうかは未知数でしたが本人がやっと真剣に将来を考えたことを尊重し、親として浪人生活を支えることを決めました。学習面ではゼロスタート、生活面でも遊んでばかりだった自分自身との戦いになると感じていました。そのためサポートをお願いする予備校探しはとても重要だと考え、いくつかの予備校を回りました。

富士学院に決めた要因は先生方の熱意と温かいご飯が食べれる食堂があったこと、リフレッシュタイムがあったことです。学習面においてはどの予備校も質の良い授業をしてくれると考えていましたので、あとは本人がどれだけ頑張れるかにかかっていると思っていました。大変な浪人生活、一年間通学する上で精神的に健康で前向きでなければ乗り越えられません。多くの人は大したことではないと思うかもしれませんが毎日の食事がコンビニなどのお弁当ではなく温かい食事が取れることは重要だと考えていました。食事のサポートやリフレッシュタイムを設定している富士学院は心から学生を大切に思いサポートしていこうと思ってくださることの表れだと感じました。もちろん少人数制のクラスや個人指導も魅力的で充実していました。

一年を終えて振り返ってみると思っていた以上に先生方はとても熱心でいつもゼミ生の様子を見て気にかけてくださいました。リフレッシュタイムや食堂で仲間と関わりながら切磋琢磨できたことも一年間勉強をやり続けてこれた大きな力になったと思います。これから医学部を目指す学生や保護者の方にアドバイスができるとしたら、富士学院の先生方を信じ頼って相談し、共に歩んでもらうこと、受験生は自分の力を信じて愚直に毎日勉強をすることだと思います。どうか自分の望む将来に向けて全力で頑張ってください。息子の受験に関わってくださった全ての方々に感謝いたします。ありがとうございました。