規則の厳しい全寮制の予備校に入れて2年、一次合格無しという惨憺たる結果から富士学院へ。1月に一次合格、正規合格を頂いた時は、本当に信じられない気持ちでした。

T・U様(お父様) 福岡大学医学部医学科一般選抜合格

  • 合格大学福岡大学医学部医学科 

メッセージ message

富士学院の皆様、愚息を医学部合格にお導き頂きまして本当に有難うございました。
規則の厳しい全寮制の予備校に入れて2年、その浪人生活の甲斐もなく前期試験一次合格無しという惨憺たる結果でした。医学部合格には、現状を打破する必要があり、新たな予備校探しを始めたのは昨年の2月上旬、最初に伺ったのは、富士学院の本部のある福岡校でした。担当のJ先生と面談し、とても明るく、温かい雰囲気に感じ入りました。次に川崎医科大のお膝元、岡山校にお伺いしました。担当のS先生には、「勉強しない事は恥ずかしい」というお言葉を頂き、また今の成績なら頑張れば医学部合格を掴み取れる可能性があるという事をお聞きし、暗澹たる気持ちが少し楽になった気が致しました。最後にお伺いしたのが大阪校でした。Y校舎長より「受験は団体戦です、普段の頑張っているご子息を見てあげて下さい。」という言葉を頂き反省させられました。2年の寮生活の間、息子の日々の生活、勉強に余り関与していなかったという事に愕然とし、息子の受験に多少なりとも関与出来る様、大阪校でお世話になる事に決めた事は息子の精神面から考えても正解だったと思います。

富士学院の素晴らしかった点です。基礎固めを重視し9月迄にしっかりと弱点補強し、そこから応用問題に入っていくというカリキュラムは、難しい問題に取り組む事で安心し、基礎が抜けがちな息子にとって、非常に有益でした。また、先生方が担当教科だけではなく、他の教科の進捗状況も把握されていた事により、自分で各教科の勉強量を調整する必要が無くなり、効率の良い学習に繋がったと思います。加えて、日々のお声がけ等のコミュニケーションを通じ、精神面でのサポートもしっかりとして頂いたので、精神的な落ち込みも余りなかった様でした。また、食事がとても美味しかったと言う事も楽しみが少ない浪人生活の救いとなっていたと思います。規則に縛られて勉強するのではなく、チーム会議のプレッシャーが有るため、強制されなくても勉強するという姿勢を作って頂いた事は本当に有難い事だったと思います。受験生という雰囲気が余りなかった息子も、チーム会議のおかげか本当に寸暇を惜しんで勉強するようになって行きました。帰宅後、30分の英語の音読を受験迄、毎日継続していたのを見て息子の成長を実感致しました。

1月に一次合格、正規合格を頂いた時は、本当に信じられない気持ちでした。回り道をしましたけれど、息子の努力が漸く実ったと安堵致しました。

最後に、暗くなりがちな息子を叱咤激励して下さった校舎長、先生方、教務の方々、温かい食事をご提供下さいました食堂の皆様、本当に有難うございました。心より御礼申し上げます。