人生はまさに「禍福は糾える縄の如し」です。

T・O様(お父様) 帝京大学医学部一般選抜合格

  • 合格大学帝京大学医学部 

メッセージ message

娘が医学部を志したのは、高校1年生の終わりです。中高一貫の女子校に通学しており、担任は中1から6年間同じ先生が担任でした。高校3年生の三者面談では進路変更を勧めてきました。農学部や薬学部の進学ですが、模試等のデーターを勘案する限り、もっともなことでした。案の定、現役では全滅で、医学部専門予備校巡りが始まりました。娘とともに、Y校舎長と面談の上、富士学院にお世話になることになりました。朝6:00には起床し、午後10:30頃に帰宅する浪人生活が始まりました。しかし現実は甘くなく、2浪目に突入しました。11月の最後の三者面談で、担任のS先生の「この成績で医学部合格は当たり前、医学部に落ちたら、富士学院の責任問題になるんやで。」という言葉を聞き、私は合格を確信しました。
2月9日、診察中、「お父さん、帝京合格です。正規合格ですよ。」と校舎長から電話がありました。患者の手前、表だって喜ぶこともできず、ぐっと堪えました。4代目の医師の卵の誕生です。かなりの難産でしたが、担任のS先生を始め、各先生のご指導の賜物です。教務のIさんには特に可愛がってもらい、精神面で深くサポートをして頂きました。
人生はまさに「禍福は糾える縄の如し」です。「この2年間の苦労を忘れずに、これから続く医学生としての6年間の道のりを歩いて欲しい。」と節に願います。