富士学院の諸先生方の質が高い授業、教務の先生方の強い励まし、綿密な受験校分析力と戦略で、多浪生でも医学部合格をいただけました。

T・O様(お母様) 近畿大学医学部医学科静岡県地域枠(一般後期型)合格

  • 合格大学近畿大学医学部医学科 

メッセージ message

富士学院については、息子がお世話になる1年前に、大阪校が開校されました。その年の合格率と、多浪生(8浪)を合格に導いてくださっているという合格実績を知り、息子に勧め、入塾の説明を聞きに伺いました。息子は、再受験生(他学部に進学経験あり)の上、多浪生であり、どのようにして医学部受験を乗り越えたらよいのか、途方にくれておりました。富士学院の校舎長から、富士学院は、「教え、育む」という教育理念のもと、医学部合格を導くだけでなく、生徒の真の自覚・自立を促し将来の良医へと導くことを目指している。そして、当学院が最も大切にしていることは、生徒と気持ちを共有し、生徒のために出来ることに全力で取り組み、「生徒と共に頑張る」こととお話しくださいました。私(母)は富士学院の入塾説明を受け、教室内、食堂等を見学させていただき、この予備校にお世話になれればと感じました。息子も同じように感じていたのでしょうか、いろいろな予備校を見学しましたが、最終的に富士学院を選び、2年前の緊急事態宣言中の前期ゼミ直前に入塾いたしました。

最初はリモート授業でしたが、対面での授業が始まり、登塾するようになると、一緒に頑張る友達もでき、諸先生方や教務の先生方とお話しする機会が増え、日に日に明るくなってきました。また、昼夜とも、学院内食堂で温かい食事ができ、規則正しい生活をおくれるようになりました。多浪生になり、一次試験は合格しても、二次試験で不合格や、3月31日まで繰り上げ補欠合格の連絡を待っていましたが、あとちょっとのところで補欠がまわってこず、諦めることができない医学部受験地獄に陥っていました。しかし、富士学院の諸先生方の質が高い授業、教務の先生方の強い励まし、綿密な受験校分析力と戦略で、多浪生でも医学部合格をいただけました。

長い道のりでしたが、やっと本当の春が来ました。校舎長をはじめ、医学部合格に導いてくださった富士学院の先生の皆様、精神的にも支えてくださった教務の皆様、温かい食事を休みなく提供してくださったスタッフの皆様、そして、一緒に頑張ってきた仲間の皆様に心より感謝申し上げるとともに、一人でも多くの受験生と保護者の方々に春が来ることを心より祈念いたします。