この一年、学習面はもちろんのこと、精神的にも学院の方や友達に支えられて、受験勉強を乗り越えられたと思います。富士学院の皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。

S・N様(お父様) 久留米大学医学部医学科一般選抜(前期)合格

  • 合格大学久留米大学医学部医学科 

メッセージ message

一浪目は大手予備校に入校しましたが、よく内容を理解できないまま授業に出ていたようでした。そこで、夏から元の予備校に加え、富士学院での個人指導で弱点補強をする形で通塾を始めました。しかし本人の力が及ばず、一浪目の結果は残念なものとなりました。

二浪が決まった三月に、「この子は本当に受験勉強を続けて医学部に入れるのでしょうか?」と富士学院の教務の方に、不躾ながらストレートにお尋ねしました。「同じような成績の方が一年がんばって合格されている実績があります」とお返事をいただきました。そこで、二年目は全般的に富士学院でお世話になることに決めました。

大手予備校では先生との距離が遠くなかなか質問しにくかったようでしたが、富士学院に入ってからは、少人数編成のクラスで遠慮なく質問もできるようになりました。また、先生方も生徒一人一人に合わせてアドバイスをされ、本人の得意、不得意の分析をしていただきました。

試験に対し緊張で頭の中が真っ白になり、解ける問題も解けないというパニック状態になりがちでしたが、その際にも、緊張を意識しないようにするトレーニングをしていただきました。講師の先生方だけにとどまらず、教務の方からもこまめに声をかけていただき、本人は不安を解消できたようです。

さらに、同じ目標を持つ友達もでき、お互い励ましあったりしているようでした。他の塾生さんの合格をわが事のように喜んで親に報告する場面もありました。他にも、学院の食堂がすごく楽しみであったようです。スペシャルディナーの日には、写真を親に送ってきていました。

この一年、学習面はもちろんのこと、精神的にも学院の方や友達に支えられて、受験勉強を乗り越えられたと思います。富士学院の皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。