現役生にとっては苦手な部分を個別に指導していただき、定期テストも含めて効率よく勉強が進められます。

M・T様(お母様) 東京女子医科大学 学校推薦型選抜(指定校推薦)現役合格

  • 合格大学東京女子医科大学 

メッセージ message

娘は大学の附属高校に小学校から通っておりましたが、祖父の強い勧めもあり、医学部進学について検討をしていました。そこで高校に医学部の指定校推薦が複数あったことと、学内の成績を維持することで、学校推薦型選抜、一般選抜どちらもチャレンジできるのでは、と思い、医学部専用の通塾を調べましたところ、富士学院を知りました。面談の際に詳細なヒアリングをしていただいたことと、個人指導ということで進学校の皆様とは違うカリキュラムの附属校でも進度に合ったご対応をしていただけるのではないかと思い、入学を決めました。

入学して良かったこととして、個人指導だったため、定期テスト対策もしていただき、指定校推薦を取るための成績維持もでき、不得意科目がなくなりました。また、数学のY先生にどんな問題でも即時に適切な指導をしていただいたことは、娘にとって毎回刺激になっていたと思います。面接、集団討論などは事前に準備をおこなうことで、本番は落ち着いて受験ができました。日々の積み重ねの学習、そして学校に合わせた対策を行ってきたことが、合格の要因だったと思います。

受験を振り返ってみて、学校推薦型選抜を受ける場合は、学内の成績も維持する必要があるため、「苦手科目をいかに減らすか」はポイントなのでは、と傍らから見ていて思いました。その点、富士学院は現役生にとっては苦手な部分を個別に指導していただき、定期テストも含めて効率よく勉強が進められます。苦手科目は自分との闘いだと思いますが、乗り越えるためのアドバイスを個別にしていただく学習環境は集団授業では得られないものかと思います。