食のサポートを取り入れている教育方針は、富士学院による生徒たちへの愛情であると感じ、保護者としてとても嬉しかった部分でした。

K・M様(お母様) 鹿児島大学医学部医学科一般選抜(前期日程)合格

  • 合格大学鹿児島大学医学部医学科 

メッセージ message

「私は選ばれない」娘が言った悲しい言葉。努力してもなかなか手に入れられなかった医学部合格の道。過去2年間は、集団型の予備校へ通っていました。生徒数が多く、分からない質問をしたくても先生との距離があり、質問を躊躇する娘を見て、苦手克服の手段を手に入れることが浪人生活脱却には必要だと考え、遠慮がちな娘でも質問しやすい環境を確保するため少人数制の予備校を探しました。少人数制と同じくらいに重要視した点として「食」がありました。いくら勉強に励んでも体調を壊しては意味がありません。富士学院では美味しいだけでなく栄養もしっかりと摂れる「食」サポートが整っていました。毎日、温かい食事を提供していただき、温かな言葉をかけてくださる食堂スタッフの方に「有難うございました」とお伝えしたい気持ちでいっぱいです。同時に、食のサポートを取り入れている教育方針は、富士学院による生徒たちへの愛情であると感じ、保護者としてとても嬉しかった部分でした。おかげでこのコロナ禍において体調を崩すことなく受験を迎えられ、第一志望校に合格することができました。苦手科目ができたのも、質問しやすい環境を整えてくださったこと、何度も質問に来る娘に対し、丁寧に何度も対応してくださった指導力豊かな先生方、配慮をしてくださる教務課の皆様、そして校舎長がいてくださったからだと心より感謝しています。先生方が「あかねさんなら志望校に受かると思って指導しています。」と力強く言っていただけことで安心して見守ることができました。おかげで多くの合格を勝ち取れた受験ラストイヤーとなりました。富士学院鹿児島校を選んで本当に良かったと思います。皆様に心より感謝しています。本当に有難うございました。