これからも息子の原動力は富士学院で頑張った日々なのだと確信しております。わがままをいつも温かく受け入れて下さり感謝の念でいっぱいです。

Y・T様(お母様) 久留米大学医学部医学科 一般選抜(前期)合格

  • 合格大学久留米大学医学部医学科 

メッセージ message

息子が富士学院の門をくぐったのは、現役時代に福大を受験した帰り道でした。全寮制の中高一貫校に通い、勉強の取りこぼしが積もりに積もってとても医学部受験の出来る成績ではなかった当時、息子は「他の道を選べないことは不公平だ」と反発して先の見えない受験に希望もなかったように思います。どこの予備校でも受験できる成績になるまで最低でも1年半はかかると言われて始まった浪人生活ですが、富士学院での環境と指導により医学部を受験することから逃げ腰だったはずの息子が、当然のことと自然に変わっていったことが魔法のように思え感謝でいっぱいの一年でした。当然一年では合格できるレベルに達するはずもなく、全く同じ一年を繰り返すことに疑問を感じた私たちは、家から通える予備校に替わらせて、二年目の浪人生活が始まりました。ところが本人がどうしても富士学院でないと勉強ができないと言い、夏からまたお世話になりました。そして結果は川崎の補欠繰上りを待って待って、合格を頂けませんでした。3年目は出来ない英語を強化するためにも別の校舎へ移りたいと申し出ました。けれどもお世話になった先生の下で、そして美味しい食堂のある福岡校でやりたいという本人の強い希望で、再び荷物を積み込んで送り出したことを思い出します。3年目は「今年が絶対に最後のチャンス」ということで家族も周りの親戚も重苦しい1年でした。思うように結果が出ず、鹿児島大学の理学療法学科に進学しました。しかし、どうしてももう1度挑戦したいとあきらめきれない本人を富士学院が手厚くフォローしてくださったことにより、今年度の受験では1次合格を次々と頂き、正規合格を3校と繰上合格も頂いて夢を見ているかのような結果となりました。このように毎年リセットしては新しい環境をと思ってみてもどうしても富士学院福岡校へ戻っていました。これからも息子の原動力は富士学院で頑張った日々なのだと確信しております。わがままをいつも温かく受け入れて下さり感謝の念でいっぱいです。本当にありがとうございました。