富士学院で学べた1年は娘にとってこれから医師になるうえでの貴重な経験となりました。

A・T様(お母様) 藤田医科大学一般入試合格

  • 合格大学藤田医科大学 

メッセージ message

富士学院との最初の出会いは、1年前娘が高3の冬でした。初めて挑んだ私立医科大学の試験が終了するのを私は会場近くで娘が帰ってくるのを待っておりました。各予備校関係者も大勢待機されておられました。その中で早い時間に到着されており、試験を終えて出てきたご自分の予備校の生徒一人一人に労いの言葉をかけておられ、とても丁寧な対応に「どこの予備校なのかな」と、着られていたベンチコートを見たら富士学院の名前でした。
娘の浪人が決まり、最初は大手予備校を考えており説明会にも行き寮の仮契約もしておりましたが、事務的な空気感が娘には合わないのではと思い、なかなか決断できませんでした。その時、自分で資料を取り寄せて調べ、「少人数で先生と生徒の距離が近いので自分の事をしっかり把握してもらえる。ここなら頑張れる」「私は富士学院で学びたい」と娘が私に伝えてきました。自分で決めた予備校、1年間だけと決めた浪人生活、娘の決意は固く素晴らしかったです。
富士学院で「一緒に頑張りましょう」と娘に声をかけて下さった時に、とても温かみのある心からの言葉に胸が熱くなり、最初の出会いを思い出し富士学院なら娘を預けて絶対大丈夫と、「合格する」と私はなぜか確信しました。

娘が合格できたのも、どんな医師を目指したいのか悩んでいる娘を見抜き真剣に話を聞いてくださった校舎長、絶対に最後まで諦めない勇気と希望を持たせ続けてくださった担任の先生、娘の弱点を見つけて理解するまで丁寧にご指導くださった先生方、メンタル面でくじけそうになった時に支えてくださった教務の方々、栄養を考えた食事を提供してくださった食堂の方々、人生経験豊富な先輩方、学習面、生活面、精神面等全てで娘を支えてくださった富士学院ワンチームでの結果だと思います。

娘は富士学院で学ぶことの楽しさ、理解できた時の喜びそして努力は裏切らないことを教えてもらったと言っておりました。医学部受験の厳しさを知らされ、「去年の自分は甘かったな」とは言いましたが、弱音を吐くことはなかったです。富士学院ならこうした素晴らしい環境の中で充実した日々が送れて子供は成長し合格に導いてくれると思います。

小学生の頃から娘の夢は医師でした。その思いが叶う第一歩を富士学院がスタートさせてくれました。富士学院で学べた1年は娘にとってこれから医師になるうえでの貴重な経験となりました。きっと大きな宝となることでしょう。
富士学院の皆様が支えてくださっていたので安心して娘を預けることができました。
医学部合格に導いて頂いた富士学院の皆様には心より感謝申し上げます。