毎月の授業報告書も内容が詳しく、親切・丁寧に指導して下さっている様子を窺うことができました

H・Y様(お父様) 北里大学一般合格(富士ゼミ生)

  • 合格大学2019年度 北里大学医学部医学科 

メッセージ message

今でも忘れられません。自宅に帰ると妻が満面の笑顔で「合格したよ」浪人生活が大変だったことを物語っている笑顔でした。
思い起こすと、子どもの頃から将来の夢はと聞かれるとお医者さんになりたいと言っていました。それが今現実となるスタートラインに立てたことを大変嬉しく思っています。

高校で担任の先生との面談の時、この成績では医学部は無理なので止めて他の学部にと言われましたが、夢を叶えてやりたいと思い浪人覚悟で受験させました。結果は不合格、それから長い予備校生活の始まりです。

自宅から電車で通える小倉での予備校を探して、受験校は国立大学を希望し次こそは合格という思いで2年が経ち、私立ならと思って3・4年と併願しましたが不合格でした。4年目になると模試も振るわず真面目に勉強しているのに何故だろう、今まで4年間で予備校3校にお世話になりましたが合格できませんでした。その時、新聞の広告を見ていると富士学院の文字が目に入り小倉校もあったので早速面談に行って話を伺ったところ、厳しそうな中にも家族的な感じがしたので直ぐに入校手続きをしました。

富士学院では、少人数制の細かく愛情のある熱心な指導で質問も遠慮なくできて、苦しい日々を楽しく充実することができたので、模試の点数も伸びました。毎月の授業報告書も内容が詳しく、親切・丁寧に指導して下さっている様子を窺うことができました。

合格して思うことは、本人の諦めず努力する気持ちと志が同じ仲間、出願校との相性を選定してくださった富士学院講師・職員の方、全員一丸となって楽しく勉強できた環境と御指導して頂いたお陰と深く感謝致しております。ありがとうございました。

辛い浪人生活ですが、医学部医学科を目指そうとしている皆さん、素晴らしい環境の富士学院で充実した日々を送ってみませんか。必ず合格に導いてくれると思います。