富士の先生方は頑張っている生徒に対し、同じように情熱をもって接し、教えてくれます。

K・Wさん 山口大学医学部医学科2年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
勉学、運動ともに充実した日々を送れています。専門的なことを学ぶので大変ではあるが、学ぶことの楽しさ、今与えてもらえている環境に心から感謝と喜びを感じながら日々を過ごせています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
受験勉強はもうしたくないけれど、とても暖かく、また行きたい、また会いたい、話がしたい。そう思わせてくれる人生でかけがえのない空間であり、存在です。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
他者に対する無条件の優しさです。富士の先生方は頑張っている生徒に対し、同じように情熱をもって接し、教えてくれます。一人ひとりの先生方が心から優しい人たちであることは、接していればわかります。私もそのような人でありたい、疲れていても顔に出すことなく優しくあれる人でありたい。富士で学んだのは、勉強面だけでなく、そのような人間性であり、今の私の在り方に大きく影響しています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
医師になる、強い気持ちが間違いなくあるのなら富士に入るべきです。なぜなら、その気持ちに必ず答えてくれる人たちばかりだからです。しかし、少しでも迷いがあるのなら、入るべきではありません。富士に限らず、どこの予備校へ行っても結果は同じと言えるでしょう。やる気がある生徒をどこまで引っ張れるか、予備校の力量が問われるところではないでしょうか。富士には間違いなくあります。例え、途中くじけそうになったとしても必ず支えになってくれるところです。受験は己との闘いだ、なんてことを思っていた時期もありました。富士にきて、受験は一人じゃない、そう思わさせてもらえました。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
無理かもしれない、そんな気持ちは一切捨てることです。世の中に不可能なことは、基本的にありません。0.000001%の可能性さえあれば、それをすべて足せば100%にできる。0ではない限り、足せば必ず100になる、すなわち必ず叶うのです。無理だ、そう思って可能性を0にしているのは自分なのです。夢を持つこと、かすかな可能性を信じたい気持ちを否定する人たちは少なからずいますが、負けないでください。本当に0.000001%が100%になる日が来るのです。