適度な緊張感と適度に気を休ませることができる環境で浪人生活を送りたい場合は富士学院を第一にお勧めします。

H・K君 帝京大学医学部医学科4年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
夏に行われたCBT(Computer Based Testing)とOSCE(Objective Structured Clinical Examination)を無事に合格することができた自分は現在、病院実習に参加しています。病院実習では外来見学や手術室見学をするため当然のことですが、実際の医療行為を見学することができます。座学で漠然としか分からなかったことを実際に見ることで、現場で働いている医師の知識の深さや手技の凄さに驚かされる毎日です。コロナ対策のためにあまり見学できない科もありますが、徐々に以前のカリキュラムに戻りつつあるようです。部活動に関しては、残念ながら昨年から現在まで活動しておりませんでした。そのため、下級生と触れ合う機会がほとんどなく歯痒い毎日を送ってました。しかし10月における新規感染者の減少傾向から部活動再開に向けて大学が前向きに検討しているようです。来年の春は新入生を対面で勧誘できるのではと期待しています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
富士学院では浪人生活を楽しく過ごすことができました。鹿児島校では少人数でまた生徒と教師の距離が近いこともあり、わからない問題などがあれば気軽にすぐ質問できました。そのため、時間をかけて悩む必要のない問題に割く時間を短縮でた上に、きちんと疑問に思ったことに対する先生方の順序立った教えのおかげで理解しやすく、記憶に残りやすかったです。生徒同士でも仲が良く、またテストのたびに競い合う良きライバル関係が築けていました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
浪人生活を支えて下さった多くの方々に対する感謝の気持ちを忘れないことです。富士学院に入る前は漠然としか感じていませんでいたが、校舎長に自分がいかに恵まれているかを指摘されきちんと認識するようになりました。富士学院の環境、自分の両親のサポートなど、どれか一つでも欠けていたら今の自分は今の自分はありません。そのため、これからも支えて下さった方々への感謝の気持ちは忘れることができません。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院はアットホームな環境で勉強をすることができたので、比較的楽しい浪人生活を送ることができました。富士学院に在籍していた時は生徒同士だけでなく、教師と生徒との距離も近いため、勉強以外の悩みも相談に乗ってもらうこともありました。また、大学入学後も富士学院とはOBとして関係が続いています。孤独な環境での受験勉強は辛い、適度な緊張感と適度に気を休ませることができる環境で浪人生活を送りたい場合は富士学院を第一にお勧めします。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
当然のことだと思われるかもしれませんが医学部に入学したいけど家庭の事情で浪人できず諦めるしかない人もいます。浪人生活をへて大学受験に合格するということは予備校の先生方のサポートだけでなくご両親のサポートもあって成り立つことができます。そのことを心に留め、最後にお世話になった先生方、自分を支えてくれたご両親に感謝の言葉を送るためにこれから頑張ってください。