どんな小さなことでも先生方や教務の方が親身に相談にのってくださったので、受験を乗り越えることができたと思います。

K・Kさん 信州大学医学部医学科1年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
1年生はほとんどの授業が対面で行われています。大学には本当にいろんな人がいて、特に私は年齢が違う人と一緒に学んだり遊んだりする環境が新鮮でした。信州大学では今年からカリキュラムが変わって1年生のうちに専門的な授業が増えたので少し大変ですが、友達と勉強したり、先輩に聞いたりして頑張っています。山に囲まれているので、季節ごとに変わる景色を見るのが個人的にすごく癒されます。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
最後の最後まで支えてくださった、とても心強い存在でした。私は受験期間中、どうしてもネガティブな方向にばかり物事を考えてしまっていました。不安な時、聞いてもらいたいことがある時、どんな小さなことでも先生方や教務の方が親身に相談にのってくださったので、受験を乗り越えることができたと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院で毎朝、ある新聞記事について内容を整理したり自分の考えたことを書いたりする新聞視写に取り組んだことで、自分の意見をしっかり持つようになったと思います。事実を受け止めるだけでなく、自分ならどう考えるか、ということを意識できるようになったことで、受験の面接ではもちろんのこと、大学のグループワークなどでも発言できるようになりました。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
医学部受験をするにあたって、富士学院は本当に全面的にサポートしてくださいます。わかるまでとことん付き合って下さる教科の先生方と、最後まで寄り添って下さる教務の方々の支えは、とても心強いです。また厳しすぎない雰囲気も魅力のひとつだと思います。その分個人の頑張りに委ねられるところもありますが、息が詰まり過ぎずに勉強に集中できる環境が、とても良かったです。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
私は富士学院で先生に「目の前の結果に一喜一憂せず、淡々と努力し続ける」ということをずっと教わってきました。受験は辛いことも多いと思いますが、淡々と努力を続けていけばきっと最後は結果に結びつくと思います。頑張ってください!