私のときもそうだったように、皆さんの頑張りたい、合格したいという気持ちを最大限汲み取って、最後まで支えてくださると思います。

M・Fさん 島根大学医学部医学科1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
Covid-19の流行により全ての授業がオンラインで始まり、不慣れな環境に加え友人も作りづらい状況だったので、前期の間は何かと苦労することが多くありました。それでも対面授業や部活動が始まると縦と横の繋がりができてきて楽しく過ごしています。また、受験勉強より大学に入ってからの方が大変だという話をよく聞いていましたが、まだ1年生の今ですらそれは本当だったと身に染みて感じています。富士学院にいるときに勉強する習慣を身につけることができていてよかったです。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
富士学院は、最後の最後まで心強い味方でした。受験した大学からなかなか合格を頂けずにいましたが、教職員の方々が諦めずに指導してくださったので、私もずっと努力し続けられました。そしてそれが合格に繋がったのだと思います。勉強以外で悩むこともよくありましたが、相談するとただ話を聞いてくださるだけでなく、その度に何かしら対応してくださったことも有難かったです。アットホームな環境で、何かあっても助けてもらえるという安心感があったので、常に勉強に集中できました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
先にも述べましたが、富士学院で学んだことのひとつに勉強する習慣があります。毎日多くの課題が出されますが、富士学院に通っていた頃、その日の勉強計画を立ててこなしていくということを続けていたおかげで、今でも着実に課題に対応できていると感じます。また、富士学院に入るときに心のコップの話を聞きましたが、人の話や教えに対して素直でいることを今も心がけています。そうすることで、自分と異なる考えを受け入れやすくなりますし、特に自分が知らないことを学ぶときに、より多くのことを吸収できると思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院の教職員の方々は、生徒一人ひとりに対して、勉強はもちろん面接指導や生活面、精神面まで熱心に、丁寧に向き合ってくださいます。私のときもそうだったように、皆さんの頑張りたい、合格したいという気持ちを最大限汲み取って、最後まで支えてくださると思います。また通っている生徒も全員医師を目指しているので、一緒に勉強したり、オープンキャンパスに行ったりと、お互い良い刺激を与え合って切磋琢磨できると思います。富士学院に通ってみて、一番重要なのは本人の努力ですが、身を置く環境も非常に大切だと感じました。皆さんもぜひ富士学院で志望校合格を目指しましょう!

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験で一番大切なのは、平常心を保つことと、諦めないことだと思います。特に直前期は何を勉強すればよいのかわからなくなると思いますが、模試や授業の復習など、目の前の課題を着実にこなしていってください。試験日が近づいてきてもできるだけ普段通りの生活を心がけて、最後まで努力し続ければ、自信を持って本番に臨めると思います。応援しています!