すごく自分に寄り添ってくれる予備校でした。

S・I君 埼玉医科大学4年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
新型感染症の流行で私たちの学生生活も多くの制限を強いられています。しかし、そんな中でも学校側が創意工夫をし、生徒側がそれに応え、真剣に取り組むことによって楽しい学生生活が送れています。部活動もそろそろ再開する予定です。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
すごく自分に寄り添ってくれる予備校でした。私は大手予備校も経験しているので特に痛感したのですが、予備校というのは基本的にわからないところの質問がしにくいです。先生方に対して生徒の数が圧倒的に多いので、わからないところは自分で解決しなくてはなりません。しかし富士学院では、いつも先生が講師室で待機していてくれ、質問し放題です。受験中も、先生方がいてくれたおかげでものすごく助かりました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
粘り強さだと思います。私は補欠合格の繰り上がりが3月末のギリギリに来たので、実はほぼ諦めて、3月中は次年度の準備をしていました。普通、この期間は燃え尽きて何もやる気が起きないところですが、富士学院の先生方のサポートにより、ものすごく充実した1ヶ月が過ごせました。今となっては、この期間があったからこその合格だったと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
自分1人でどんどん勉強していける人は大手予備校でもいいと思います。しかし、1からしっかりと教えてもらいたい人には、富士学院という環境はとても充実しています。一度環境を見てみるのも、損にはならないと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
1年間という長い時間、ずっと集中し続けるのは困難なことだと思います。そんな中、折れずに医者を志すことができれば、本当にいい医者になれると思います。頑張ってください。