医学部に合格するための勉強法だけではなく、面談を通し、医者ではなく「良医」となるために必要な感謝・自覚・自立を促してくれた。

M・S君 琉球大学医学部医学科2年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
琉球大学では、1年次より医学専門の講義が始まり、早くから医者として知識を身につけられる。毎日実習やテスト勉強などで大変だが、同級生や先輩たちとご飯や遊びに行ったりなどの交流もあり、充実した毎日を送っている。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
最初の面談で医者になるという覚悟を促し、そこから一人一人に合わせた授業や生徒のことを真剣に考えてくれる面談を実施してくれた。本当にたくさんのサポートをいただき、最後の最後まで諦めずに支えていただいた。富士学院は、医者になりたいという自分の夢を最後まで全力で応援してくれる場所だった。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
医学部に合格するための勉強法だけではなく、面談を通し、医者ではなく「良医」となるために必要な感謝・自覚・自立を促してくれた。これらのことは、医学を学ぶ私にとってとても大切な柱となっている。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
ここには他の予備校や塾と違い、全員が医学部を目指し全員で合格するという確固たる目標がある。そのために生徒一人一人に合わせたきめ細やかな授業だけでなく、受験に関する豊富な情報量、最後の最後まで支えてくれる先生方といった素晴らしい環境がある。ぜひ富士学院に入り、自分の夢を叶えてください。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験は「最後まで諦めないこと」が大切です。今年から共通テストが始まり、コロナウィルスの影響などで本当に大変な状況だとは思いますが、自分が今まで頑張ってきたことをしっかり信じて、最後の最後まで諦めずに全力で頑張ってください。