受験シーズンには二次試験の対策だけではなく様々なサポートをしてくれて大変心強かったです。今でも感謝しています。

Y・K君 日本大学医学部医学科2年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
勉強や実習、試験などで大変ではありますが、多くの仲間と出会って互いを高めあうような生活を送れていると思います。しかし、遊んでばかりいると後が大変なことになるので毎日の勉強が必須になってくる生活でもあります。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
どんな生徒に対しても親身に相談に乗ってくれる予備校だと思います。私が富士学院に在籍していたのは1年間のみでした。しかも今の大学に合格した年では仕事をしていたという状況でした。それでも受験シーズンには二次試験の対策だけではなく様々なサポートをしてくれて大変心強かったです。今でも感謝しています。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
毎日の勉強を継続することの大切さを富士学院で学びました。そして今でもそれは続いています。学ぶ内容は大学受験の頃から更に進んでいき、大変ではありますが継続的に勉強をすることで大学の講義に付いていけていると私は思っています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院の先生方の授業はわかりやすく、覚えれば良いといった進め方はしません。必ず何か理由を付けて説明をしてくれます。私自身も説明に納得いかなかった時には、化学の先生が遅くまで根気強く教えてくれました。考える能力を身に着けたいという人は富士学院で学んでみるのが良いかなと私は思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部に合格することはゴールではありません。医学部の勉強は高校で学ぶ内容とは毛色が全く異なります。しかし、内容が違うというだけで「勉強を続けていく」ということは同じです。その訓練を今の受験期にやっているのだということも考えながら勉強をしていけばただ辛い受験勉強も意味あるものに思えてくるのではないでしょうか。頑張ってください。