一緒に授業を受ける仲間、講師、教務など全員が医学部合格という目標に向かって努力しています。この一体感を富士学院で味わってください。

Y・F君 日本大学医学部医学科6年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
新型コロナウイルスのせいで病院実習が無くなったりと、振り回されていますが、非常に楽しい大学生活を過ごしています。ピンチはチャンスと思いながら、最近は、ファイナンシャルプランナーの資格の勉強、ゴルフなど、普段では出来ないようなことにチャレンジしています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
「楽しい予備校だったなー、」これが正直な感想です。講師陣の個性が爆発していて、全く飽きることがなかったです。たしかに受験は辛いこともありますが、こんな講師陣のお陰で、最後まで楽しくやり切ることが出来ました。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
医学部に合格するのに十分な学力はもちろんなのですが、学問とは何か、その入り口を学んだ気がします。公式や定理には先人たちの努力と知恵が隠れています。それをいかに読み解くか。わからないことは自分で研究しよう。そんな姿勢が今でも生きています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
受験勉強で大切なのはモチベーションを保ち、最後までやり切ること。そうすることができる環境にいることです。一緒に授業を受ける仲間、講師、教務など全員が医学部合格という目標に向かって努力しています。この一体感を富士学院で味わってください。この環境がきっと、自分自身を成長させてくれます。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験勉強は人生で初めて本気で勉強する機会だと思います。これを乗り切れるかどうかで、君たちの今後10年、20年が変わってきます。この経験が将来、君たちの大きな財産になると信じ、ぜひ、一生懸命頑張ってください。富士学院の後輩たちと一緒に、仕事できる日を楽しみにしています。

メッセージ message

富士学院に入学した時は、初めての浪人ということもあり、とても緊張していました。また、現役時代に逃げて勉強していなかった英語の成績を上げることができるのか不安でした。

富士学院の講師の方々は本気でぶつかれば2倍3倍で返してくださる方ばかりでした。どの科目の講師の方も、受験を突破するために必要な学力はもちろん、大学で学ぶ学問への足掛かりとなるような授業をしてくださいました。また授業中だけでなく、英単語が覚えられない私に毎週つきあって、語源や使用例を教えてくださりテストまでしてもらいました。数学、化学、物理も毎日のように僕のために時間を割いていただき丁寧に指導していただきました。教務の方々は、どんな些細な相談事にも乗ってくださいますし、私たち受験生が受験勉強に専念できるように全力でサポートしてくれました。

富士学院の特徴である少人数制の授業のおかげで僕は合格を勝ち取ることができました。大人数の授業だと、講師と生徒の距離が遠くなり個々人にあった授業をすることができませんし、質問するだけでも順番を待つことになります。また反対に、マンツーマンの授業だと講師との距離が近すぎ、周りの生徒の状況もわからないので刺激が少なく楽なほうへ流されてしまいます。その点、少人数制の授業は、講師と程よい距離感を保つことができ、周りの生徒同士切磋琢磨することができました。また、富士学院は医系専門予備校であるため講師は医学部に精通したプロフェッショナルばかりです。医学部受験ならではの情報が普段から提供され、医学部合格へのモチベーションを保つことができます。

浪人してまで行きたかった医学部に合格した時は、本当にうれしかったのを覚えています。これまで応援してくれた家族や友達、合格に導いてくださった講師の方々への感謝の気持ちでいっぱいでした。しかし、富士学院で1年間しっかりと勉強をしたという自負があったため、絶対に合格するという自信があったのも事実です。富士学院在学中に最も印象に残ったのは先生が毎週個人的にしてくれていた単語のテストです。内容は1週間で100単語を覚え、覚えれていなかったものは腕にマッキーで書き、それをまた必死に覚えるというものでした。英語が苦手であった私にはとてもつらいことでしたが、こうして身に着けた単語力のおかげでわからない単語がほとんどない状態で受験に臨むことができました。

これから予備校を選ぶ方々に、自信を持って富士学院をおすすめします。富士学院にはこれから医学部合格を目指すみなさんを、力強く後押ししてくれる講師がそろっています。ぜひ、富士学院で1年間勉強をして医学部合格の夢をつかみ取ってください。