先生や教務の方たちのサポートの充実ぶりを実感し、もう一度夢に向かって頑張っていこうという気持ちにさせてくれた予備校です。

R・H君 宮崎大学医学部医学科1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
前期はコロナの影響で遠隔の授業が多かったですが、後期は対面での授業がスタートして充実した生活を送っています。医学の勉強ももちろん楽しいものですが、サークル活動等も積極的に参加して、大学生活を満喫しているところです。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
現役のときに受験した大学全てに落ちて自信をなくしていましたが、そんなときに富士学院で学ぶことを決断したときに、先生や事務の方たちのサポートの充実ぶりを実感し、もう一度夢に向かって頑張っていこうという気持ちにさせてくれた予備校です。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院では、特に自習の時間を大切にしていましたが、それが一番今になっても生きていることだと思います。医学部の勉強は他学部と比べて量も質も全く異なるので、自分で学ぶということは非常に重要です。その点において、私は富士学院での自習の習慣がついて、苦労することなく勉強に励むことができています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
講師の先生方はもちろん、日常の様々な面でサポートしてくださる事務の方もいて、勉強するにはとてもよい環境だと思います。もし、本当に医学部に入って医師になりたいと思っているのなら、覚悟があるのなら、富士学院は最高の環境なのでぜひ夢を叶えるために富士学院で頑張ってほしいです。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験をしていると、周りの人たちに言えば多くの人たちがサポートや応援をしてくれると思います。しかし、受験においては最後は自分がどれだけ頑張れたかが大事です。だからこそ、医師になりたいと最初に思った頃の純粋な気持ちを忘れず、どんなに苦しいときも前だけみて夢に向かって挑戦し続けてほしいと思います。頑張ってください