この1年で絶対に合格したい、もうこれ以上浪人できない、と思っている人にはとてもおすすめの予備校です。

Y・Y君 久留米大学医学部医学科5年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
浪人していた時にイメージしていた大学生活とは真反対で、勉強がとにかく大変でした。しかしその分、テストのことも考えなくていい休み期間はとても充実しており思い出に残るものばかりでした。大学ではボート部に入り、部活動をする中で、先輩や後輩との良い関係を築いていくことができました。この関係は先輩方が医者になっても続くものなので、とても大切だと思っています。また部活に入ることで、礼儀や責任ある行動など、人としての成長もできたと思っています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
最高の予備校でした。先生も最高、教務の人も、料理も、勉強する環境も最高でした。そして、なんといっても共に戦う生徒が最高でした。少人数であるため、仲良くなり、お互いに競争心が芽生え、また助け合うこともできました。自分は寮に入っていたので、自習後、寮に帰る途中、みんなでラーメンを食べたりした時間はとても幸せで、今でも忘れることができません。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
1浪目、みんなと同じくらい勉強し満足して、結果どこも受からなかった経験があったため、富士学院では、とにかくみんなよりたくさん勉強して、いい点数を取ろうと心を入れ替えました。それがきっかけで成績も上がり合格を勝ち取れた気がします。試験に合格するには、競争心を燃やせる相手を見つけ、みんなより努力すること。当たり前のことですが、富士学院で学んで今でも生きていることだと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
確かに値段はしますが、この1年で絶対に合格したい、もうこれ以上浪人できない、と思っている人にはとてもおすすめの予備校です。自分は、3浪目から他学部を受けろと言われていたので、それが悔しく絶対ここで終わらせてやると思い1年間頑張りました。また富士学院は基礎を大切にしてくれる予備校なので、レベルの高い予備校で、ついていけずに1年間を過ごしてしまった、、と思っている人にもおすすめです。自分もその1人でした。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部に合格し、5年まで進級してきて1番思ったのは、勉強する根性の大切さです。僕が富士学院で手に入れた1番のスキルは、勉強する根性だと思っています。これは、今日はここまでやる、今日ここまでやらないと絶対にまずいと思って決めた目標をきちんと終わらせる能力です。今日はもう眠いからいいや、次の日にしよう、の繰り返しになっている受験生は沢山いると思います。医学部に入ったら授業や部活で忙しい中、とてつもない範囲の勉強をしなくてはならず、そんなこと言ってられません。勉強する根性がないと、医学部には入れないと思います。入れたとしても留年するでしょう。逆を言えば、この根性さえあれば医学部には誰でも入れます。自分も勉強は全然得意ではなく、勉強の効率もとても悪いです。しかし、根性で何とか5年まで進級できています。今、医学部を目指しているみんなも自分には才能がないから無理だと思わず、根気強く勉強をしているかなと自分に問いかけてみて欲しいです。根気強く勉強できる人材を医学部も欲しがっているはずです。