自分の人生を変える手伝いを全力でしてくださった予備校だと思います。

Y・H君 久留米大学医学部医学科1年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
楽しい!の一言です。テスト前など勉強に追われて本当に大変で苦しい時もありますが、受験のような孤独で隣の人を、蹴落とすような状況とは全然違います。みんなで協力して勉強するので楽しいです。それから受験生活の中で色々我慢したことから解放されるのでコロナ禍で制限される事はありますが、なんでも自由に遊べます。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
自分の人生を変える手伝いを全力でしてくださった予備校だと思います。アットホームな雰囲気の中、受験勉強に専念できました。受験生になりたての頃は、勉強の仕方もわからなかった自分に全力でサポートして下さり、また勉強面だけでなく、生活面でも相談にのって下さり、共に戦ってくれました。今思い返しても感謝しかありません。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
勉強に対するやり方や姿勢など。大学での勉強と受験勉強とでは勉強方法は決して同じということではないですが、浪人を通して身につけた事は今も役に立ってます。特にメンタル面で得た事は大きいと思います。富士学院にいて最もありがたいと思った事のひとつに先輩にも同級生にも同じ富士学院出身の友達がたくさんいるということ。入学してすぐの頃はすごく助かりました。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
先生方が生徒と真摯に向き合ってくださるので、受験の事についてはあまり心配はありませんでした。もちろん合格するか否かの心配はありましたが、クラス編成や、担当の先生方との相性、受験校の決定など、その生徒にとっての最善策を考えて下さります。また質問にいけばわかるまで教えてくれ、さらにその類題まで用意してくれます。この先生についていけば!って思うような先生方が多いです。それから富士学院では同じ志を持って勉強している仲間がいるのは大きいと思います。共に頑張れる事もありますし、自分が現在どの位置にあるのかの指標にもなります。大学ではみんな同じ職業に向かって歩むので、受験時期からこのような環境で過ごすのは大きなメリットになると思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
現役、浪人1、2年、多浪と人によって状況は様々だと思います。色々な事を我慢して苦しい浪人生活を過ごしていると思います。その頑張りを合格が来るまで諦めず続けて下さい。あの時頑張ってよかった!あの決断をしてよかった!と思える日が絶対に来ます。それから受験は正直運の要素もあると思います。これは自分が浪人生活の中で実感した事のひとつです。その運を引きつけるには日頃から自分に謙虚に最後まで頑張り続ける事だと思います。試験で1科目失敗した時、また第一志望に失敗した時、悲しくて悔しい気持ちが出てくると思いますが、グッと堪えて最後まで頑張ってください。そういう時に奇跡は本当に起きるんだと思います。共に医師になって将来一緒に働きましょう!受験頑張って下さい。