絶対今年で合格するという強い気持ちを持って、富士学院で勉強することで、自分が思っている以上に実力がついていくのが実感できると思います。

S・Tさん 久留米大学医学部医学科1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
コロナウイルスの影響で全員で授業を受けることがなかったり、新歓がなかったりと学年の人や先輩とあまり関わる機会がなかったけれど、徐々に友達も出来て部活も再開したので、大学生活に慣れてきました。テストやレポートが大変だけど、先輩の情報や過去問で乗り切ってます。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
少人数制の授業で、先生との距離が近く、とても勉強しやすい環境の予備校でした。自分のレベルに合わせた授業で、自分が思ってた以上に成績が伸びて、自信を持って入試に臨むことができました。また、切磋琢磨できる友達もできて、勉強が苦にならずに通えた予備校だったと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
ずっと勉強し続けるのではなく、リフレッシュタイムのような休憩時間を作ることで、オンオフを切り替えながら、勉強する力は大学の勉強でも役に立ってると思います。また、予備校でより効率的に勉強することができるようになっていて、大学のテストでも多量の範囲でもうまく勉強できるようになってると感じました。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
絶対今年で合格するという強い気持ちを持って、富士学院で勉強することで、自分が思っている以上に実力がついていくのが実感できると思います。また、先生方だけでなく、事務の方にも話しやすい環境で、勉強面だけでなく、精神的な面でもサポートしてもらえるので、通いやすい予備校だと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
勉強していると、思い通りに成績が伸びない時期があったり、やる気が出なかったりする時があると思うけれど、絶対合格して、医師になるという強い志があれば、受験を乗り越えることができると思います。受験が終わった時に、悔いが残らないように全力で勉強することが大切だと思います。