現役生の時は部活で忙しい私をしっかりサポートしてくださり、浪人生になると精神面でもたくさん支えてもらいました。

S・Tさん 久留米大学医学部医学科1年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
後期に入り、2教室に別れてはいるものの対面授業になり、部活も再開しやっとちゃんとした大学生活がスタートしたような気がします。勉強は大変ですが、友達と協力しながら頑張っています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
最高の予備校でした。私は現役生の頃から富士学院に通っていました。現役生の時は部活で忙しい私をしっかりサポートしてくださり、浪人生になると精神面でもたくさん支えてもらいました。私は浪人するのがとても嫌だと思っていました。しかし、今では富士学院で過ごした1年の浪人期間は私の中でかけがえのないものになっています。富士学院でなければ私の医学部合格はなかったと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
1人で頑張るより、周りから助けてもらいながら頑張ることです。私は浪人時代、分からない所があったら積極的に質問に行っていました。大学に入ってからも1人で頑張っている人は再試にかかっているイメージがあります。大学でも情報命なので、友達と一緒に勉強したり、先輩との繋がりを大切にして勉強しています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院の1番の特徴は、生徒と講師の先生方との距離が近いところです。すぐに質問に行けるところが強みだと思います。また医学部受験に特化しているので、医学部受験に関する情報量が圧倒的で、心強いです。医学部を受験する人が集まっているので、刺激を受けながら友達と一緒に頑張ることができます。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験は簡単に乗り越えられるものではありませんが、合格をいただくことで、自分の夢への第一歩を踏み出せると共に、大変な道を乗り越えることができたことに対する自信にも繋がります。私も富士学院に通っているときに散々言われてきましたが、医学部受験にとって1番大切なことは「覚悟」です。覚悟を持って、自分に厳しく、先生方を頼って必死に頑張れば合格は見えてきます。頑張ってください。