富士学院のカリキュラムは医学部受験において全く無駄がなく、先生方も手厚いサポートをして下さいます。

R・Nさん 久留米大学医学部医学科2年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
また、常にマスクをしているため同学年の人達の顔が分からず、名前と顔が一致しないのが悩みだ。コロナの影響で例年と異なる形態で授業が進んでいる。しかし、授業の中身自体は例年と変わらないと思う。試験も通常通り行われている。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
毎日、昼食と夕食が出たので健康的に受験勉強ができた。周りの友人との距離が近いため、孤独な中で勉強することもなく、お互いに切磋琢磨して目標に向かっていけた。先生との距離も近いため、分からないことをすぐに質問できる素晴らしい環境だった。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院では規則正しい生活を続けることを目標にしていた。大学生になった今も毎朝定時に起きるなど、規則正しい生活を保つ努力をしている。富士学院では、時間を大切に使うことも学んだ。試験までの時間を計画性を持って使うことは大学生になった今も生かしている。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院のカリキュラムは医学部受験において全く無駄がなく、先生方も手厚いサポートをして下さいます。自分から積極的に行動し、富士学院のカリキュラム、先生方を信じて頑張ってください。勉強に疲れたら、食堂の美味しいご飯で息抜きをしてください。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部受験は大変です。なぜなら、医学部受験そのものが就活のようなものだからです。医師としての適性を審査するために、学科試験だけでなく、面接や小論文といった科目も重要になります。これらのことも疎かにせず、将来の医師像をしっかりと持って最後まで頑張ってください。