自分のペースで勉強しやすい点が、個人的に最もやりやすい学校だったと思う。

R・M君 久留米大学医学部医学科3年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
久留米大学は3年から集中講義と呼ばれる授業形式になり、大体半月に一度位の頻度でテストが行われる他、部活等でも幹部になる人もいるため、それ以前と比べかなり忙しくなった。ただ、この学年から本格的に疾患などの勉強を始まるため、1,2年の時と比べ医師になるための勉強をしている感は増したように思う。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
富士学院は、少人数授業や、自習時間の長さなどから、自分のペースで勉強しやすい点が、個人的に最もやりやすい学校だったと思う。少人数授業は、少人数なので教室内で知り合いも作りやすいため、人付き合いが苦手な自分でも学校内に知り合いを作ることができ、協力しやすく、勉強しやすい環境だった。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院は、上にも書いたように、人と関わりやすいため、人見知りだった自分も、他者との付き合いを勉強できたように思う。また、自習時間が長いため、大学に入ってからの自分での勉強の仕方を学ぶことができるため、勉強をしやすくなると思う。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は、恐らく他の予備校と比べると、勉強時間などの面では緩い方に入ると思う。自習時間も長いため、人によっては勉強できずにだらけてしまう人もいるとは思う。しかし、大人数の教室で詰め込み型の授業メインの予備校が会わない人には、自分のやりやすい時間割を作りやすい富士学院はかなりやりやすい予備校だと思う。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医師になるにあたって、勉強するべきことは、新しい治療法、薬、病気が増える度にどんどん増えていくため、勉強は予備校時代と比べてもかなりキツいものになると思う。大学にもよるが、4年以降に病院実習があるため、授業科目が前倒しされる傾向にあり、勉強の密度も高いため、普通の大学と同じように考えると、勉強が間に合わなくなると考えた方が良いと思う。よって日々の予習復習がかなり重要になると思う。