富士学院は、少人数制で授業が行われるので自分の弱点を先生にしっかりと見てもらうことができると思います。

N・Yさん 久留米大学医学部医学科1年

OBが語る富士学院 Q&A

Q:大学生活について教えてください。
後期から人体の構造についての授業も始まり、復習に追われたり、レポート課題に追われたりと大変なこともあるが、自分の学びたかったことを学べてとても充実している。また、組織学実習や、実際に人骨を観察する骨学実習もあり、医学部でなければ体験出来ないことを体験出来て楽しい。

Q:富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
医学部に必要な学力を身につけることのできるところであると同時に、自分を成長させてくれた場所でもあったと思う。富士学院入学時、私はメンタルが弱く医学部受験を乗り越えられるかどうか分からなかった。しかし、何度も面談をしたり、試験前にたくさんの職員の方や、友達からアドバイスをもらってなんとか乗り切ることができた。

Q:富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
勉強面では、復習をする癖をつけていたところ。毎日その日の授業の内容を見直し次の授業に繋げることができる。また、当たり前の事としてやっているので苦にならない。生活面では、朝早く起きることが習慣付いているところ。朝早くから活動することで充実した1日を過ごすことができる。

Q:富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は、少人数制で授業が行われるので自分の弱点を先生にしっかりと見てもらうことができると思います。また、質問の時間も確保してあるので、分からないところを納得いくまで質問出来る環境が整っています。学科試験対策以外では、面接対策や小論文の授業も充実しているので、2次試験に安心して望むことができます。

Q: 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
私が、実際に医学部に入学してみてまず思ったことは、大変だけど自分が本当に入りたかった学部だからとても楽しいということです。受験勉強は辛いこともたくさんあると思いますが、医学部に合格することは医師になるスタートラインに立てることだということを忘れないで頑張ってください。