富士学院という環境を最大限に利用することで、合格は近づいて来ると思います。

N・U君 久留米大学医学部医学科4年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
学年が上がるにつれ、勉強に向き合う姿勢の重要性を感じます。下の学年の時は、あやふやに詰め込んでいた知識であったが、上の学年になった時にその知識でさらなる理解ができるようになると思っていました。勉強以外の大学生活の面でも、部活などの活動によって上級生や下級生はもちろんのこと、OB、OGである医師、看護師との交友を持つことは大事なことだと思います。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
自分がどのように勉強したら成績が伸びるのかを考えた場所だと思います。そのためには、講師の先生方を信頼して全てを吸収するつもりで望んでいました。精神的に緊張しやすくなることも多いですが、教務の方々との日常会話などで気分をリラックスすることができたことも大きかったと思います。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院にいた時に抱いていた医師に対しての思いというものは今も変わらずに持ち続けています。それは、当時周りにいた友人達と共に医学部というものを目指して頑張ったからだと思います。大学生活の中で大変な時などは、その時のことを思い出して、医師に対しての気持ちを高めながら頑張ることができています。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
周りに同じ目標を持つ人が多くいることは強みです。受験で最も大事なことは環境だと思います。講師や校舎などの施設、共に勉強する仲間などがいれば、自ずと成績は上がると思います。自分一人で医学部合格という困難なことですが、富士学院という環境を最大限に利用することで、合格は近づいて来ると思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
医学部の受験は厳しいことばかりだと思います。思うようにいかないことが多々あり、どうしたらいいのかわからなくなると思います。ですが、それは自分だけでなく医学部を受ける人全員に起こることです。そこを自分が見つけたやり方で乗り換えることができれば、医学部に入った後も進級や国家試験などの壁も越えることはできると思います。辛い時期をどうやって超えてきたかで、人として成長すると思います。医学部を志望される方全員が、医師になって多くの患者さんを救う日がくると願っています。頑張ってください。