月1回の授業報告書は、自分も親も客観的に今の状況を把握する事ができ、サポートの分野でもとても充実してるのがありがたかったです。

K・A君 久留米大学医学部医学科1年

OBから見た富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
コロナ禍で前期は、すぐにリモート授業になり、友達もあまりできないまま家で勉強する日々が続きました。しかし、後期からは例年通りの授業が始まり、実習などの医学部らしい授業も始まりました。また、同学年との交流も活発になり、部活動も始まったので非常に充実した大学生活を送っています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
医学部受験に特化した学力向上を得ることができ、自分自身の人間性も磨くことができた予備校でした。先生や教務の方が勉強面、生活面において手厚いサポートをして下さいました。また、様々な状況下で浪人をされている人たちと関わることで刺激をもらうことも多々あり、ライバルでありながらも「全員で合格するぞ」という強い気持ちが感じられる予備校でした。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院で培った「継続して勉強する」事が今も大学で活かされています。勉強をやらないと当然試験で落ちますし、1年生の後期に入ると覚える事がかなり多くなってくるので、毎日の勉強が何より大事だと大学の先生にも言われています。今大学でそれができているのは、毎日富士学院で勉強してきたからだと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
一年でも早く医学部に合格したいのであれば、富士学院での生活は必ずプラスになると感じています。また、勉強するには十分な環境が整っているので、安心して受験勉強に取り組める場所でもあります。両親への感謝を忘れずに医学部合格を目指してほしいと思います。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
一年でも早く医学部に合格したいのであれば、富士学院での生活は必ずプラスになると感じています。また、勉強するには十分な環境が整っているので、安心して受験勉強に取り組める場所でもあります。両親への感謝を忘れずに医学部合格を目指してほしいと思います。