富士学院は信頼できる先生ばかりです。生徒一人ひとりをしっかりと見ていて、その人に合った対応をしてくれます。

A・Sさん 久留米大学医学部医学科6年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
入学当初は大学生活へのワクワク感と、友達ができるかや医学部の勉強についていけるかという不安感でいっぱいでしたが、大学生活は楽しいことばかりでした。特に久留米大学は、同級生はもちろん、先輩方や先生方が優しく、すぐに大学生活に慣れることができました。また、医学部の勉強は、全員がライバルである受験勉強とは異なり、みんなで話し合ったり、協力して勉強することが大切だと実感しました。現在6年生で毎日国家試験の勉強をしています。たしかに、勉強内容は膨大で辛い時もありますが、友達と勉強していればそれも半減します。まずは大学生活スタートの時に友達や先輩方と繋がりをもち、楽しむことが一番大切です。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
とてもアットホームな予備校であるため、分からない問題も臆することなく質問できました。また、勉強のことだけでなく、受験勉強で行き詰まったとき、精神的な面でのサポートもしていただきました。信頼できる先生方に恵まれ、精神的にも安定した状態で受験勉強に励むことができる環境だったからこそ、医学部に合格できたと実感しています。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
一番はオンオフがしっかりと身についたことです。大学生活でも、今後社会人になってからも、オンオフの切り替えができることは必要です。浪人という現実を突きつけられたときは辛かったですが、浪人を経験したことで精神力・忍耐力を身につけることができ、人間的にかなり成長できた気がします。富士学院だったからこそ、ここまで成長できたのだと思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は信頼できる先生ばかりです。生徒一人ひとりをしっかりと見ていて、その人に合った対応をしてくれます。またアットホームな雰囲気であるため相談しやすく、勉強面でも精神面でもかなり心強い環境が整っています。私も当時、他の予備校と迷いましたが、富士学院を選んで正解だったと感じています。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
受験勉強は辛いこともたくさんありますが、合格すれば楽しい大学生活が待っています。医師になるための最初の試練だと思って乗り越えてください。そのためにも、周りの人に頼ることが大切です。自分一人で全て背負わずに、頼れるところは頼って自分の負担を減らし、必要なことだけ効率よく吸収していくことが受験成功の鍵だと思います。頑張ってください!