富士学院は医学部受験に対し膨大な情報を持っており、筆記試験対策だけでなく、面接対策や小論文対策も最後まで面倒見てくれます。

A・M君 久留米大学医学部医学科1年

OBが語る富士学院 Q&A

1. 大学生活について教えてください。
今年はコロナの影響でオンライン授業から始まりました。6月から大学での授業が再開しましたが、コロナ対策のため不便に感じることも多々あります。しかし今は、友人と共に勉強でき、部活動も徐々に再開してきているので充実した日々を過ごせていると感じています。

2. 富士学院はあなたにとってどんな予備校でしたか?
富士学院は勉強に最適な環境が整っている予備校だと思います。質問対応を快く受けてくれる講師陣、日々の生活面のサポートなどをしてくれる教務の方々、また、毎日美味しい食事を提供してくれる食堂もあります。本気で受験勉強に取り組める素晴らしい予備校でした。

3. 富士学院で学んだことで今に生きていることはありますか?
富士学院では強制的に勉強させることはなく、生徒の自主性に任せている部分が多いため、本気で医師になりたい人は自然と勉強に励む傾向があると感じていました。富士学院で身につけた自主性は大学に入ってからも大いに役立っていると思います。

4. 富士学院を検討している生徒へのメッセージをお願いします。
富士学院は医学部受験に対し膨大な情報を持っており、筆記試験対策だけでなく、面接対策や小論文対策も最後まで面倒見てくれます。学習環境も整っているので他の予備校と迷っているのであれば、富士学院に入ることをお勧めします。

5. 最後に、医師になる事を志して、医学部受験に向かう後輩たちへのアドバイスをお願いします!
どれだけ勉強しても合格する保証のない受験勉強を戦い抜くのは大変ですが、時々医師になった自分を想像しながら最後まで諦めずに頑張ってください。ただ勉強し続けるのは誰でも辛いので、時には息抜きも必要だと思います。